このページの本文へ

DDR3メモリ最速のDDR3-1333対応モジュールがCorsairから発売開始!

2007年06月08日 22時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Corsairから、現在販売されているDDR3メモリモジュールでは最高クロックとなる1333MHz動作のDDR3メモリ「TWIN3X2048-1333C9DHX G」が発売となった。

「TWIN3X2048-1333C9DHX G」
現在販売されているDDR3メモリモジュールでは最高クロックとなる1333MHz動作のDDR3メモリ「TWIN3X2048-1333C9DHX G」が発売。1GBモジュールが2枚セットになった製品だ

 DDR3メモリモジュールといえばKingstonCFDからすでに発売されているが、いずれも動作クロックは1066MHzだった。折りしも、先日“P35/G33”を搭載するマザーボードの販売が一斉にスタートしたばかりだが、DDR3に対応したモデルとなるとGigabyteの「GA-P35T-DQ6」と「GA-P35C-DS3R」のみ。さらにメーカー独自仕様という条件付で1333MHz動作のDDR3メモリが使用可能となるのは「GA-P35T-DQ6」だけとなる(同社のDDR3メモリ検証リストに今回の製品は確認できない)。正式サポートとなる“Intel X38 Express”チップセットの登場まで待たねばならない。
 発売された「TWIN3X2048-1333C9DHX G」は1GBモジュールが2枚セットになった製品で、レイテンシは9-9-9-24。同社のDDR2対応のメモリシリーズ“DOMINATOR”でも採用されているオリジナルの排熱技術“Dual-path Heat Xchange Technology”を使用したヒートスプレッダを装着している。価格は、BLESS秋葉原本店で7万3800円、高速電脳で7万6480円、T-ZONE.PC DIY SHOPで8万1690円となっている。

1333MHz ヒートスプレッダ ヒートスプレッダ
レイテンシは9-9-9-24。“DOMINATOR”でも採用されているオリジナルの排熱技術“Dual-path Heat Xchange Technology”を使用したヒートスプレッダを装着している

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中