このページの本文へ

お馴染みインテル純正は3モデル!堅実な作りとお手頃価格は今回も健在!

2007年06月04日 12時01分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 純正マザーボードと親しまれるチップセット供給メーカーでもあるインテルからは、“P35/G33”合わせて3モデルが発売されている。今回も堅実な作りと、販売価格が約1万5000円という安価な価格設定から人気となりそうだ。

PS/2ポートが省かれた“P35”マザー「BOXDP35DPM」

 「BOXDP35DPM」はチップセットに“P35”+“ICH9R”を搭載するATXフォームファクタの製品。同社のマザーボードは上からエクストリーム/メディア/エグゼクティブ/クラシック/エッセンシャルとシリーズが分かれているが、同製品はメディアシリーズに属するモデルとなる。
 主な仕様は、拡張スロットの構成がPCI Express x16×1、PCI Express x1×3、PCI×3。メモリスロットはDDR2 DIMM×4(DDR2-800/667、8GBまで)。オンボードインターフェイスには8chサウンドやギガビットイーサネット、IEEE1394、Serial ATA II×6、UDMA ATA 100×1などを搭載している。なお、ご覧のように同製品はPS/2ポートが省かれたレガシーフリー仕様となるので、そのあたりは購入時に気をつけたい。

「BOXDP35DPM」 「BOXDP35DPM」 「BOXDP35DPM」
チップセットに“P35”+“ICH9R”を搭載するATXフォームファクタの「BOXDP35DPM」。メディアシリーズに属する製品で、PS/2ポートが省かれたレガシーフリー仕様となる

“G33”のATXフォームファクタモデル「BOXDG33FBC」

 「BOXDG33FBC」はチップセットに“G33”+“ICH9”を搭載するATXフォームファクタの製品。同社のシリーズではクラシックに属する。その他の仕様は、サウンド以外「BOXDP35DPM」とほぼ同じ。
 主な仕様は、拡張スロットの構成がPCI Express x16×1、PCI Express x1×3、PCI×3。メモリスロットはDDR2 DIMM×4(DDR2-800/667、8GBまで)。オンボードインターフェイスには、VGAや6chサウンド、ギガビットイーサネット、IEEE1394、Serial ATA II×4、UDMA ATA 100×1などを搭載している。

「BOXDG33FBC」 「BOXDG33FBC」 「BOXDG33FBC」
チップセットに“G33”+“ICH9”を搭載するATXフォームファクタの「BOXDG33FBC」。サウンド以外のスペックは「BOXDP35DPM」とほぼ同じとなる

“G33”のmicroATXフォームファクタモデル「BOXDG33BUC」

 「BOXDG33BUC」はチップセットに“G33”+“ICH9”を搭載するmicroATXフォームファクタの製品。クラシックシリーズの製品で前述の「BOXDG33FBC」microATXモデル版となる。
 主な仕様は、拡張スロットの構成がPCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2。メモリスロットはDDR2 DIMM×4(DDR2-800/667、8GBまで)。オンボードインターフェイスにはVGAや6chサウンド、ギガビットイーサネット、IEEE1394、Serial ATA II×4、UDMA ATA 100×1などを搭載している。

「BOXDG33BUC」 「BOXDG33BUC」 「BOXDG33BUC」
「BOXDG33BUC」はチップセットに“G33”+“ICH9”を搭載するmicroATXフォームファクタの製品。拡張スロットの構成がPCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2。メモリスロットはDDR2 DIMM×4(DDR2-800/667、8GBまで)

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中