このページの本文へ

ASUSTeKから“P35/G33”搭載マザーボード2モデル登場!

2007年06月04日 12時01分更新

文● 宇田川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUSTeKからコードネーム“Bearlake”と呼ばれるインテルの新チップセット“P35/G33”を採用したマザーボードが登場した。
 本日発売が開始されたのはメインストーリームモデルとなる「P5K」と「P5K-V」の2モデル。搭載するチップセットの違いによりオンボードグラフィックス機能のない“P35”を採用する「P5K」と、グラフィックス機能を搭載する“G33”を採用する「P5K-V」となる。
 両モデルともに導電性高分子アルミ固体電解コンデンサを採用し、メモリのオーバークロックを簡単に行なえるという“Super Memspeed”テクノロジや、拡張カードが正常に差さっていない場合にLEDで警告する“AI Slot Detector”をPCI ExpressスロットとPCIスロットに搭載しているのが特徴だ。

“P35”チップセット搭載の「P5K」

パッケージ マザーボード I/O部
新チップセット“P35”を採用したASUSTeK製マザーボード「P5K」

 まず、オンボードグラフィックス機能のない“P35”を搭載する「P5K」だが、South bridgeに“ICH9”を搭載。メモリスロットは、“P35/G33”チップセットがサポートしていないDDR2 1066MHzを、独自に対応させている。
 主な仕様だが、チップセットは前述のように“P35+ICH9”。フォームファクタがATX。対応ソケットはLGA 775で、FSBは1333/1066/800MHz。拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x4(x16形状)×1(CrossFire対応)、PCI Express x1×1、PCI×3、メモリスロットはDDR2 DIMM×4(DDR2-1066/800/667、最大8GBまで)という構成。オンボードインターフェイスは、Serial ATA×5(RAID 0/1対応)、eSATA×1、IDE×1、ギガビットイーサネット、8chサウンド、IEEE 1394×2、USB 2.0×12などを搭載する。

VGA機能を搭載する“G33”を採用した「P5K-V」

パッケージ マザーボード I/O部
VGA機能を搭載する“G33”を採用した「P5K-V」

 次に、「P5K-V」だが、オンボードグラフィックス機能“GMA X3100”を搭載している点以外は、「P5K」とほぼ同様の仕様となっている。
 チップセットは“G33+ICH9”でフォームファクタがATX。対応ソケットはLGA 775で、FSBは1333/1066/800MHz。拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x4(x16形状)×1(CrossFire対応)、PCI Express x1×1、PCI×3、メモリスロットはDDR2 DIMM×4(DDR2-1066/800/667、最大8GBまで)という構成。オンボードインターフェイスは、VGA、Serial ATA×5(RAID 0/1対応)、eSATA×1、IDE×1、ギガビットイーサネット、8chサウンド、IEEE 1394×2、USB 2.0×12などを搭載する。

※お詫びと訂正:初出時、「P5K」と「P5K-V」の画像を逆に掲載しておりました。お詫びして訂正いたします。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中