このページの本文へ

Swift Playgroundsで学ぶiOSプログラミング第76回

ユーザーデフォルトを使って永続的な記憶を実現

2018年02月19日 17時00分更新

文● 柴田文彦 編集●吉田ヒロ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ここ何回かは、複数のビューコントローラーのビュー(画面)を切り替えて、あるいは同時に表示するための方法をいろいろと探ってきました。それも前回で一段落したので、今回はまったく毛色の異なるトピックを扱います。前回の最後に書いた予告では「iOSならではのデータの扱い」と書きました。これは、かなりあいまいな表現ですが、今回取り上げるのは、データを保存したり、以前に保存したものをまた読み込んだりするための機能です。

 そもそもiOSは、macOSなどに比べると、外部とのデータのやりとりに対する制限が多いのですが、特に出力する方については厳しくなっています。そして、Swift Playgroundsでは、さらにその制限が多くなっています。そんな中で今回は、かなり手軽、かつ便利に使えるユーザーデフォルト(UserDefaults)というクラスを使う方法を紹介します。これは、もともとユーザーが設定したプリファレンスの内容などを保存しておき、次に同じアプリが起動された際には、その設定が適用された状態から始めるためのものです。大量のデータを扱うのには不向きですが、手軽さでは群を抜いています。

 ところで、今回から画面ショットがSwift Playgrounds 2.0のものになります。基本的な機能は以前とそれほど変わりませんが、UIの構成があれこれ変わっていたりします。日本語のエラーメッセージも増えましたが、なんだか訳が釈然としません。以前から放置されていたプログラムの繰り返し数を表す「5倍」といった表記は、ようやく「5回」に訂正されました。

教科書どおりでは動かないSwift Playgroundsのユーザーデフォルト

 ユーザーデフォルトは、iOSアプリのプログラミングの基本の1つで、あちこちに解説やチュートリアルがあるはずです。ただし、Swiftのバージョンによって正しい表記が変遷してきたので、その部分で混乱する可能性はあります。現在のSwift 4の書き方では、例えば、

let uDef = UserDefaults.standard

のようにして、UserDefaultsクラスの標準オブジェクトを取得し、そのオブジェクトに対して保存したいデータを書き込んだり、逆にそこから取り出したりします。つまり、UserDefaultsのオブジェクトが一種のデータ保存庫のような役割を果たすことになります。

 例えば、ここに文字列を書き込むには、

uDef.set("AsciiClub", forKey: "name")

のようにします。この場合「name」というキーを指定して、「AsciiClub」という文字列をデータとして書き込んでいます。

 これを読みだすには、データの型ごとに用意されたメソッドを使い、書き込んだ時のキーを指定して、

let title = uDef.string(forKey: "name")

のようにします。

 これを実際に動かしてみましょう。

iOSアプリプログラミングの教科書にあるような方法でユーザーデフォルトを扱おうとしても、Swift Playgrounds上のプログラムではうまく動きません。書き込みができていないのか、ちゃんと読み出せないのか値はnilになってしまいます

 uDefに「name」というキーで書き込んだ文字列データを読み出そうとしているのですが、結果は「nil」、つまり空の文字列になっています。これはプログラムが間違っているわけではありません。実際のiOSアプリでも、Xcode上のプレイグラウンドでも、これで「AsciiClub」という文字列を読みだすことができます。

 これはSwift Playgroundsのバグというわけでもないでしょう。プレイグラウンドに書いたプログラムは、それ自体アプリではなく、あくまで「Swift Playgrounds」というアプリ内で動く複数のプログラムの1つに過ぎないのです。そのために「standard」というプロパティで得られるアプリ「標準の」ユーザーデフォルトオブジェクトには書き込みができないと考えられます。

 それではSwift Playgroundsでは、そもそもユーザーデフォルトが使えないのでしょうか?そう考えて一度はあきらめかけましたが、もう一度じっくりと考え、標準でだめならカスタムにすれば良いのではないかと思いつきました。UserDefaultsでは、データベースの名前を指定してユーザーデフォルトオブジェクトを作成することもできます。例えば、

let uDef = UserDefaults(suiteName: "spg76")

のようにします。

 こうすると、あとは上で示したプログラムのままで、見事ユーザーデフォルトへの書き込み、読み出しができることがわかりました。

Swift Playgrounds上のプログラムでユーザーデフォルトを動かすためには、ユーザーデフォルトのオブジェクトを作る際にsuiteNameを指定すればいいことがわかりました。ただし、この名前は、プレイグラウンドごとに別々の名前を指定する必要があるようです

この連載の記事
ASCII倶楽部にて、週刊アスキーの人気ルポ漫画『カオスだもんね!PLUS』が、まとめて読める新コンテンツがついに配信開始!

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!