このページの本文へ

「ライブ配信メディア完全解剖 〜過去と今、そして未来へ〜」第54回

お金を稼げる仕組みのない生放送メディアが廃れていく本当の理由

2017年08月18日 18時00分更新

文● ノダタケオ(Twitter:@noda

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Periscopeでも始まった「Super Hearts」も配信者が収益化できるマネタイズ手段のひとつ

 ライブ配信という仕組みは近年、珍しいものではなくなりました。そして、さまざまなプラットフォームが登場したことによって、配信者を奪い合うサービス同士の競争が激化してきています。

 激化しているサービス同士の競争を勝ち抜けるには、これまで少なくとも2つの要素が必要でした。それはサービスの「機能性」と「賑わい」です。さらに「マネタイズ」というもうひとつの要素がここ最近は求められおり、その3つの要素すべてをもつサービスへ配信者が流れていっています。

 なぜ、ライブ配信に「マネタイズ」という新しい要素が必要とされているのか? その背景を少し掘り下げて考えてみたいと思います。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!