このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

柳谷智宣がAdobe Acrobat DCを使い倒してみた第83回

企画書チェック! 紙でできることでAcrobatにできないことはない

2018年12月04日 11時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

本連載は、Adobe Acrobat DCを使いこなすための使い方やTIPSを紹介する。第83回は、1つの文書にいろいろな方法で注釈を入れてみる。

 AcrobatではPDFに注釈を入れる方法はたくさん用意されている。見栄えや内容によって、適切なツールを使い分けたいところだ。今回は、1つの文書にいろいろな方法で注釈を入れる方法を紹介しよう。

Acrobat DCで企画書をチェックし、紙のようにがっつりと書き込んでみた

フリーハンドで書き込んでみる

 まずは、何といってもフリーハンドで書き込めるのが便利。紙と同じように図を入れたり指示を入れられるのだ。マウスでも操作できるが、電子ペンがあると書きやすい。

 「ツール」から「注釈」を開き、「描画ツール」をクリックする。「色を変更」で色を選択したり、「線の太さを変更」で線の太さを選べる。

「注釈」の第2ツールバーから「描画ツール」をクリックし、色や線の太さを選択する
フリーハンドで書き込める
線の細さや色も変更できる

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事