このページの本文へ

柳谷智宣がAdobe Acrobat DCを使い倒してみた第23回

紙資料と同じように作業可能

PDFからページを抜いたり順番を入れ替える方法

2017年09月01日 11時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

本連載は、Adobe Acrobat DCを使いこなすための使い方やTIPSを紹介する。第23回は、PDFからページを抜き出したり順番を入れ替えてみた。

 Acrobat DCでは、紙資料と同じように、PDFファイルを扱うことができる。ページを引き抜いたり、不要なページを破棄したり、順番を入れ替えたり、10枚ずつ小分けにしたりできる。さらに、一定のファイルサイズごとに分割するといった、デジタルならではの機能も用意されている。PDFのページ操作をマスターして、スマートに作業しよう。

1ページだけ抜き出すには

 PDFでもらった資料から、1ページだけ別の人に送るために抜き出したい、というときは「抽出」機能を利用する。「ツール」の「ページを整理」開き、第2ツールバーの「抽出」をクリックする。ページを選択し、「抽出」をクリックすれば、そのページが新しいPDFファイルとして作成される。

 抽出する際、「抽出後にページを削除」にチェックしていれば、ページを抜き出すことができる。複数のページをまとめて抽出することもできるが、「ページを個別のファイルとして抽出」にチェックしていると、それぞれのページを個別のPDFとして作成してくれるのだ。

PDFの5ページ目のみを抽出してみる
「ツール」の「ページを整理」をクリックする
5ページ目を選択し、「抽出」をクリックする
必要に応じてオプションにチェックし、「抽出」をクリックする
1ページだけ抽出したPDFファイルが作成される
ファイルをクリックしてごみ箱アイコンをクリックすると削除できる

ページを並べ替えてみよう

 ページの入れ替えは、サムネイルをドラッグ&ドロップするだけでOK。入れ替える場所は青いラインで表示されるので迷わず操作できるだろう。複数ページをまとめて移動することも可能だ。

 もちろん、ページ番号も自動で割り振られる。ただし、パワーポイントでページ数を記載している場合は、自動で変更されないので注意すること。

ページをドラッグ&ドロップで動かす
挿入先は青いラインで表示される
ドロップすると入れ替わる
複数ページの入れ替えも可能だ

ページ数を指定して分割してみる

 ファイルの分割も可能だ。巨大なPDFファイルだと、メールで送ったり、スマホで読むときなどに問題が起こることがある。そんな時、指定のページ数で分割できるのだ。

 第2ツールバーの「分割」をクリックして、ページ数を指定し、「分割」をクリックすればいい。また、ファイルサイズで分割することもできる。「出力オプション」では、分割したファイルの保存先やファイル名の設定などを行なえる。

 ページ数やファイルサイズではなく、内容によって分割したいなら、プルダウンメニューから「上位レベルのしおり」を選べばいい。最上位のしおりごとに、PDFを分割してくれる。

「分割」を開いたら、ページ数を入力する
「出力オプション」で、ファイルの保存先やファイル名などを設定する
ファイルを分割できた
「次で分割」のメニューから「ファイルサイズ」を選択し、ファイルサイズを入力する

ページを回転させる方法

 紙資料をスキャンした場合など、天地がひっくり返っていたり、横になってしまったなら、回転して元に戻そう。サムネイルを選択すると、回転させるボタンが現れる。1ページを回転させることもできるし、複数のページをまとめて処理することもできる。

サムネイルを選択して、回転させたい方向のアイコンをクリックする
1ページ回転できた

ほかのPDFファイルのページを挿入する場合

 任意の場所にほかのPDFファイルのページを挿入したり、置換することも可能。第2ツールバーの「挿入」や「置換」をクリックし、PDFファイルを選択すればいい。その後、挿入する場所や置換するページ数などを指定する。置換するファイルのページも任意に選択できる。

「挿入」→「ファイルから」をクリックする
挿入する場所やページを指定して「OK」をクリック
置換する場合は、置換する範囲を選択することも可能

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事