このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

「秋葉原は原点」 インテルが秋葉原でゲーミングイベント開催

2018年09月08日 22時35分更新

文● ドリル北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテル・オフィシャル・ファンクラブのINTEL CLUB EXTREMEが、PCゲーミングの魅力を紹介するイベント「INTEL CLUB EXTREME GAMERS WORLD 2018」をベルサール秋葉原で開催した。

ベルサール秋葉原で開催された「INTEL CLUB EXTREME GAMERS WORLD 2018」

 過去にも国内最大級のe-Sportsイベントとして2015年に開催された「INTEL CLUB EXTREME GAMERS WORLD」。今回は「PCがあるとゲームはもっと楽しくなる。」をテーマに、さまざまなゲームを最新のPC環境で体験できるコーナーやパートナー企業の製品展示などが行なわれた。

ゲーマー応援キャンペーンを発表

 イベント開始前に、インテルが会場で記者発表会を実施。ゲーマー応援キャンペーンを発表した。

インテル株式会社 執行役員 第3営業本部 本部長の藤木貴子氏がゲーマー応援キャンペーンを発表

 1つは、アンケートに答えた人の中から抽選で2名を2018年11月10日~11日(現地時間)にアメリカのシカゴで開催される世界最大級のe-Sports イベント「Intel Extreme Masters」に招待するというもの。世界規模のe-Sportsを生で体感するチャンスとなる。キャンペーン期間は9月8日~9月30日まで。

「答えて当てよう」キャンペーン

 もう1つは、対象の製品単体または対象製品を搭載したPCを購入すると、毎月先着で「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」(Steam版)か「Steamウォレットコード1000円分」どちらか好きな方をプレゼントするというもの。キャンペーン期間は9月8日~12月31日まで。

「買ってもらおう」キャンペーン
各パートナー企業とのフォトセッション。左から、ゲーム大会キャスターのOooDa氏、ユニットコムの石田雅人氏、Project Whiteの森秀範氏、インテルの藤木貴子氏、NVIDIAの高橋一則氏、サードウェーブの松原昭博氏

【関連リンク】

秋葉原は原点
自作PCの発展のためにインテルはゲームに注力

 記者発表の後、インテルの藤木本部長は今回のイベントに合わせてスタンプラリーを実施するPCパーツショップを視察した。その視察に同行しつつ、気になる質問をぶつけてみた。

パソコンショップアークパソコン工房 秋葉原 BUYMORE店

――なぜ、このタイミングでゲーマー応援キャンペーンを実施したのでしょうか?

【藤木本部長】e-Sportsが盛んな海外では、すでにPUBGを含めさまざまなゲームとタイアップしています。しかし、日本ではe-Sportsの流行が遅れてやってきたので、このタイミングでのキャンペーン実施となりました。

ドスパラ秋葉原本店ソフマップ AKIBA②号店 パソコン総合館

――今後の自作PCについての取り組みを教えてください。

【藤木本部長】ゴールデンウィークに「自作PCでゲームを楽しみましょう」というイベントを実施しました。今回のイベントも同じ主旨です。PCゲームは今とても勢いがありますので、自作PCを盛り上げるために今後もゲームに注力していきます。

G-Tune:Garage秋葉原店TSUKUMO eX.

――秋葉原には、どのような想いがありますか?

【藤木本部長】毎年インテルは秋葉原でイベントをやっています。ここ数年は回数が減りましたが、去年あたりからまた秋葉原でのイベントを増やしています。やはり秋葉原は原点です。原点に戻ってきっちりイベントをやっていきたいです。

藤木本部長、お忙しい中ご回答いただきありがとうございました

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中