このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

IFA 2018レポート第14回

スマスピが急増、パナソニック、オーテク、ソニーなど国内主力の製品も

IFA会場レポ、ついにゼンハイザーから完全独立型イヤホン

2018年09月02日 23時00分更新

文● 折原一也 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Technicsは“OTTAVA S” 「SC-C50」を公開

 ドイツベルリンで開催中の「IFA 2018」。国内外のオーディオ、イヤホン./ヘッドホンブランドの製品も多数出展されていた。ブースで見つけた、注目のスピーカーとイヤホン製品をまとめて紹介していこう。

 パナソニックは「Technics」ブランドのワイヤレススピーカー「OTTAVA S」(SC-C50)を初披露。3.1chのユニットを内蔵した一体型オーディオの最新モデルで、Bluetoothに加え、内蔵Wi-Fiを使ったハイレゾ対応のネットワーク再生機能、ストリーミングサービスの再生に対応。自動音場補正機能も持つ。価格は749ユーロ(約9万6658円)で9月末に発売予定だ。

マイクによる自動音場補正対応の3.1chワイヤレススピーカーだ

 スマートスピーカーでは、ソニーが重低音がウリの「EXTRA BASS」ブランドの機種として、Googleアシスタント対応の「SRS-XB501G」を公開した。屋内だけでなく中庭などにも持ち出して使えるデザイン。三脚に立てて設置も可能としている。本体はIP65対応の防塵防水仕様(タフネス仕様)で、内蔵バッテリーで、最大16時間の駆動に対応。スピーカー前面にはライティング機能も搭載する。欧州では350ユーロ(約4万53167円)で10月以降に順次発売予定。日本での発売については未定。

大型サイズで三脚設置も可能なスマートスピーカー「SRS-XB501G」

 IFA 2018のオーディオ関連で話題を呼んだ出展が、Bang & Olufsen(B&O)の「Beosound Edge」だ。大型の円形のプレートのような外見をしたスピーカーで、床置や壁掛け設置にも対応。ユニークな機構が音量に応じてベースポートが可動することで、音量に応じた最適な音質が得られるとしている。本体を転がすような操作でボリューム操作もできる。Wi-FiとBluetooth対応のワイヤレススピーカーで、価格は3500ドル(約38万7670円)。

壁かけ設置も可能な「Beosound Edge」
本体のポートが音量に応じて可動する

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン