このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

IFA 2018レポート第9回

ワイヤレスイヤホンに力を入れる

海でも泳げる完全ワイヤレスイヤホン、ソニーがついに発表

2018年09月01日 14時00分更新

文● 折原一也 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 IFA 2018のソニープレスカンファレンスで、ソニーは多数のイヤホンを発表した。なかでもソニーの好調を支えるのがワイヤレス製品群。IFAで披露した新製品としては、完全ワイヤレスイヤホンの最新モデル「WF-SP900」、そしてノイズキャンセル・ハイレゾ対応ヘッドホンの「WH-1000XM3」がある。

音楽プレイヤー内蔵の完全ワイヤレスイヤホン「WF-SP900」

 「WF-SP900」はIP68対応の防水防塵に加え、海水対応、-5℃の気温下でも利用も可能。タフネス仕様になっている。さらに4GBメモリーを内蔵し、単体でも音楽リスニングに対応できる点も特徴だ。水泳中などでも音楽リスニングを可能とする、左右が独立した、完全ワイヤレスイヤホンの決定版だ。

ソニーの完全ワイヤレスの最新最上位モデル「WF-SP900」
IFA 2018のブースではIPX68の防水性能をアピール

 タフネスを達成しながら小型化するためにBA型ドライバーを搭載。小型で7.3gと軽量化を実現した。装着性の面でもアークサポーターが3サイズ用意。さらにイヤーピースの装着の深さも調整可能となった。水中用に防水性能を高めた水泳用イヤーピース、そして左右のイヤホンをつなぐリーシュコードが付属する。

タッチ操作も対応となったボディ
スポーツ用途でも安定した装着が可能、そして密閉感もアップした

 ワイヤレス接続時の通信安定性についても、アンテナ構造などを刷新するとともに、NFMI接続とすることで低遅延と左右接続の安定性を向上させた。

 本体操作もアップデート。従来の専用ボタンに加えてタッチ操作対応になり、タップでのボリューム調整に対応した。なお、機能面では「アンビエントサウンド(外音取り込み)」には対応するが、ノイズキャンセルには対応しない。

 スマホアプリは従来どおりのヘッドホンアプリ「Sony Hedaphone Connect」に加えて、プレイヤー部への楽曲転送、ストリーミング音楽操作に向け「Music Center」を併用する。なお、音楽転送はPC経由でも可能だ。

 Bluetooth 4.0で、コーデックはSBC/AACに対応。バッテリー駆動はBluetooth接続時で本体のみ3時間(ケースで充電しながらであれば21時間)、音楽プレーヤー再生時で6時間(同21時間)。欧州での価格は280ユーロ(約3万7164円)で11月以降に順次発売、日本での発売については未定だ。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン