このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

IFA 2018レポート第11回

これ運ぶの!? って思うほどのド級サイズ

100万超すド級機の陰、ひっそりと進化したウォークマンA登場

2018年09月01日 14時50分更新

文● 折原一也 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Signature」シリーズとして発表された「DMP-Z1」

 IFA 2018のプレスカンファレンスで「Signature」シリーズとして発表された、ソニーの新製品が、デジタルミュージックプレーヤー「DMP-Z1」だ。8月に中国・香港で先行展示された超ハイエンドで、持ち運べなくもない音楽プレーヤーだ。

 実物は、ボディの大きさが幅138×奥行き278.7×高さ68.1mm、本体重量が2.49kgと大型サイズ。筐体上部に3.1インチの画面を搭載し、ウォークマンと共通のタッチ操作UIを備えている。ポータブルというよりは、キャリアブル(可搬性)といったほうがいいサイズで、音楽プレーヤーと据え置きクラスのヘッドホンアンプの融合を目指したものだ。

 バッテリーを内蔵していることもあり、FLACの連続再生で9時間に対応。楽器ケースをイメージしたという専用キャリングケースも同梱される。

ヘッドフォンアンプに、タッチ操作の音楽プレーヤーを一体化

 市販されているほとんどのヘッドホンをカバーできる高出力が特徴。ヘッドホン出力端子は4.4mm5極のバランスが1500mW(16Ω)、一般的な3.5㎜のステレオミニで570mW(16Ω)。ソニーカスタムの金メッキを施したアナログボリューム部を持ち、DACには旭化成エレクトロニクスの「AK4497」を2基搭載という、超ド級の構成を採用している。

 これらを高音質化のため、5セルのバッテリーで駆動する構成は、Hi-Fiオーディオのようで実にマニアックだ。

 なお、アナログ出力はヘッドホンのみでライン出力はない。USBのデジタル出力は持つ。また、PCと接続してUSB DACとして利用することもできる。

ハイインピーダンスのヘッドホンも駆動できる高出力が特徴
本体はアルミ削り出しのH型モノコックシャーシ。アナログボリュームもトレードマーク

 本体には256GBのメモリーを搭載しており、さらにmicroSDカードスロット2基によるメモリ増設にも対応する。香港で先行発表されたモデルということもあり、中国のハイエンド市場を意識したものと思われるが、発売は全世界向け。欧州では8500ユーロ(約109万6882円)、日本での発売については未定だ。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン