このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

松村太郎の「アップル時評」ニュース解説・戦略分析 ― 第6回

頂点を極める追及をスペックしたプロの道具に:

アップル新MacBook Proが「歓迎」された理由

2018年07月31日 09時00分更新

文● 松村太郎 @taromatsumura

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは2018年モデルとなるMacBook Pro 13インチTouch Barモデル、15インチモデルをリリースしました。今回のリリースは、近年まれに見る「歓迎」を受けることになります。今回は、その理由について、考えていきましょう。

当面のマスターピース

 新しいノート型Macをいくら眺めてみても、2016年に刷新されたMacBook Proとの外見の違いを見出すことはできません。すでに十分な薄型化が進んでおり、これ以上取り除くべき要素もありません。

 やるとすれば、外装について、アルミニウムからより環境負荷の少ない金属並みに強度のある素材への変更するくらいでしょう。

 ちなみにアップルは、アルミニウムの生産工程でこれまで大量に排出されてきた二酸化炭素を酸素に代える技術の実用化を支援しています

 また、ふたを開いて中を見ても、さほど多くの要素がありません。たとえばディスプレーを液晶から有機ELに変えて付加価値を高め、FaceTime HDカメラから3D顔認証に対応するTrueDepthカメラに変えるといった変更の可能性はあります。言ってしまえばタッチ操作ができないiPhone Xのような仕様のディスプレー。

 もちろん有機ELパネルで13インチ、15インチのディスプレーを実現するには膨大なコストがかかるわけで、実現するにはもう少し先になるとは思いますが。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン