このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

石川温のPCスマホニュース解説第12回

au新料金プランで契約数が爆増したサービス:

アップル新iPhone発売で儲けた意外な企業

2018年10月01日 09時00分更新

文● 石川温

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhone XS、iPhone XS Maxが発売されて約10日。

 各キャリア関係者に話を聞いてみると、売れ行きはおおむね良好のようだ。

 iPhone XS Maxでは本体価格が17万円以上になるなど、今年はさらにiPhoneの高価格化が進んだ。KDDIやソフトバンクは端末の割引をやめ、通信料金を別立てにした「分離プラン」を本格的に導入したこともあり、10万円以下の値つけとなっているiPhone XRまで購入を控える買い控えが起きるかと思いきや、初速の売れ行きは悪くなく「思った以上に売れている」(キャリア関係者)とのことだ。

 ただ、発売初期は当然のことながらアップルやiPhoneのファンが飛びついているのは間違いないだけに、この勢いをどこまで継続できるかが、アップルと3キャリアにとっては重要といえるだろう。

 そんな中、アップルでもキャリアでもない、ある企業がiPhone景気に湧いているという。

 それは1億3000万以上のユーザーを抱える、世界最大の動画配信サービス「Netflix」だ。

 Netflix関係者は次のように語る。

 「iPhone人気がここまでとは思わなかった。iPhoneが発売された週末はNetflixの新規契約者が一気に跳ねた」

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン