このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第40回

Azureから「GDPR」対応を支援する新機能をリリース

SAP HANA認定VMインスタンス「Mシリーズ」が東日本/西日本リージョンで利用可能に

2018年05月31日 11時00分更新

文● 佐藤直生 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは、さとうなおきです。「週刊アジュール」では、先週の1週間に発表されたMicrosoft Azureの新機能から、筆者の独断と偏見で選んだトピックについて紹介していきます。

de:code 2018

 5月22日、23日の2日間、東京で「de:code 2018」カンファレンスが開催されました。

 「de:code 2018」基調講演については、記事「AI開発企業の使命、日本MSが“AIの倫理”に関する本『Future Computed』日本語版を無償提供」オンデマンドビデオをご覧ください。

 また、de:code 2018に関連する、次の発表もご覧ください。

Azure Virtual Machines:東日本/西日本リージョンでのMシリーズのサポート

 IaaSの仮想マシン機能を提供するAzure Virtual MachinesMシリーズは、2017年12月にGA(一般提供)になっていました

 そして、今月、MシリーズのVMが、SAP HANAによって認定されていました

 今回、Mシリーズが、東日本、西日本を含む4つのリージョン新たに利用可能になり、世界中の10リージョンで利用可能になりました。年内に、さらに12リージョンで利用可能になる予定です。

 東日本、西日本リージョンで、SAP HANAや、メモリ集中型のワークロードを動かしやすくなりますね。

 詳細は、ブログポスト「M-Series certified for SAP HANA and available worldwide」をご覧ください。

 SUSE上のSAP HANAの環境を構築するためのAzure Resource Managerテンプレートが公開されました。

 詳細は、ブログポスト「Accelerate your SAP on Azure HANA project with SUSE Microsoft Solution Templates」をご覧ください。

Azure Storage:Azure Storage Explorer 1.0.0(GA)/1.1.0

 ストレージサービス「Azure Storage」は、Windows、macOS、Linuxで動作する、Azure Storageにアクセスするためのクライアントツール「Azure Storage Explorer」を提供しています。

 「週刊アジュール」で紹介し損ねていましたが、今月上旬にAzure Storage Explorer 1.0.0がリリースされ、このリリースでGAになりました。そして先週、Azure Storage Explorer 1.1.0がリリースされました。

 Azure Storage Explorerは、Azure Storageに加えて、2017年10月にAzure Cosmos DBを、2月にAzure Data Lake Storeをプレビューとしてサポートしていました。Azure Cosmos DB、Azure Data Lake Storeのサポートは、引き続きプレビュー機能です。

 Azure Storage Explorer 1.0.0/1.1.0では、クロスプラットフォームのAzure Storageエミュレーター「Azurite」がサポートされました。ローカル開発が便利になりますね。

 サインインのエクスペリエンスが改善され、Visual Studioとサインイン情報を共有するようになりました。一度、Visual Studioでサインインすれば、Azure Storage Explorerでもサインイン済みになります。

 Azure Blob Storageのアップロード、ダウンロードのパフォーマンスが改善されました。

 Azure Blob Storageのアクセス層(ホット、クール、アーカイブ)の構成がサポートされました。

 詳細は、ブログポスト「Azure Storage Explorer Generally Available」「New updates for Microsoft Azure Storage Explorer」リリースノート(最新情報は英語ページを参照)をご覧ください。

Azure Storage Explorerでの、Azure Blob Storageのアクセス層の構成

 Azure Blob Storage、Azure Queue Storageで、既存の共有キー、共有アクセス署名(SAS)による認証/承認(認可)に加えて、Azure Active Directory(Azure AD)による認証/承認(認可)がパブリックプレビューになりました。

 ロールベースのアクセス制御(RBAC)を使って、Azure ADのユーザー、グループ、アプリケーションに、特定のBlobコンテナーやキューに対する権限を与えることが可能になります。

 詳細は、ブログポスト「Azure AD Authentication for Azure Storage now in public preview」をご覧ください。

Azure Blob Storage、Azure Queue Storageでのロールベースのアクセス制御(RBAC)

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ