このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第38回

「Build 2018」アップデート データ編:Azure Cosmos DBがマルチマスター書き込み対応

教室でAzureを使うのに便利な新機能「Azure Lab Services」

2018年05月21日 14時00分更新

文● 佐藤直生 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは、さとうなおきです。「週刊アジュール」では、先週の1週間に発表されたMicrosoft Azureの新機能から、筆者の独断と偏見で選んだトピックについて紹介していきます。

 2018年5月7日から9日の3日間、米国シアトルでMicrosoftの年次開発者カンファレンス「Build 2018」が開催されました。5月8日に公開した「『Build 2018』特別号外:1日目基調講演のAzure新発表まとめ」に続いて、Build 2018でのアップデートのまとめを、IoT編AI編アプリ開発(コンテナー/サーバーレスなど)編、データ編の4回に分けてお送りします。

 本稿はデータ編です。Azureのデータプラットフォームやビッグデータ関連のアップデートをまとめて紹介します。

Azure Cosmos DB:マルチマスター書き込み、VNETサービスエンドポイント、スループット共有

 Azure Cosmos DBは、複数のデータモデル/APIをサポートしたグローバル分散型のNoSQLデータベースサービスです。

 Azure Cosmos DBのAzureリージョン間レプリケーションでは、これまでは、読み書き可能な単一の書き込みリージョンと、複数の読み取り専用の読み取りリージョンの構成を取ることができました。

 今回、マルチマスター書き込みのプライベートプレビューが発表され、複数のAzureリージョンで読み取りに加えて書き込みも可能になりました。

 Azure Cosmos DBのSLAでは、これまで、複数リージョン間のレプリケーションが構成されている場合に、99.999%の読み取りの可用性SLAを提供していました。マルチマスター書き込みがGAになった際には、これに加えて、99.999%の書き込みの可用性SLAも提供される予定です。

 詳細は、ブログポスト「Microsoftデータ プラットフォームが、クラウド スケールの革新と移行への勢いを継続」「Azure #CosmosDB @ Build 2018: The catalyst for next generation apps」、記事「NoSQLデータベース『Azure Cosmos DB』がマルチマスターの書き込みに対応」をご覧ください。

Azure Cosmos DBのマルチマスター書き込み

 仮想ネットワーク機能を提供するAzure Virtual Networkは、Azureサービスへのアクセスを特定の仮想ネットワーク(VNET)からのみに制限し、インターネット経由のアクセスを遮断することができる、「仮想ネットワークサービスエンドポイント」を提供しています。

 仮想ネットワークサービスエンドポイントのAzureサービスのサポートについては、1月にAzure StorageでGAに、2月にAzure SQL DatabaseでGAになってました。Azure SQL Data Warehouseでは、パブリックプレビュー中です。

 今回、仮想ネットワークサービスエンドポイントのAzure Cosmos DBサポートが発表され、GAになりました。

 詳細は、更新情報「General availability: Azure Cosmos DB Virtual Network Service Endpoints」、ブログポスト「Microsoftデータ プラットフォームが、クラウド スケールの革新と移行への勢いを継続」「Azure #CosmosDB @ Build 2018: The catalyst for next generation apps」「Azure Networking May 2018 announcements」「Virtual Network Service Endpoints for Azure #CosmosDB is now generally available」ドキュメントをご覧ください。

仮想ネットワークサービスエンドポイントのAzure Cosmos DBサポート

 Azure Cosmos DBでは、 RU(要求ユニット)の形でスループットをプロビジョニングするモデルを採用しています。これまでは、特定のコンテナー(コレクション、テーブル、グラフ)に対してスループットをプロビジョニングしていました。

 今回、既存のコンテナーに対するスループットのプロビジョニングに加えて、(複数のコンテナーを含んでいる)データベース(キースペース)に対してスループットをプロビジョニングし、そのデータベース内の複数のコンテナーでスループットを共有できるようになりました。

 詳細は、ブログポスト「Azure #CosmosDB @ Build 2018: The catalyst for next generation apps」「Sharing provisioned throughput across multiple containers in Azure #CosmosDB」をご覧ください。

データベースに対するスループットのプロビジョニング

 「Azure Cosmos DB BulkExecutor library for .NET」「Azure Cosmos DB BulkExecutor library for Java」がリリースされました。BulkExecutor libraryは、クライアント側のコンピューティングリソースの消費を抑え、効率的にバルク操作(インポート、更新)を実行するための.NET、Java向けのクライアントライブラリです。

 シングルスレッドでBulkExecutor libraryのバルクインポートAPIを使って書き込みを行うと、クライアントマシンからマルチスレッドでAzure Cosmos DBに書き込みを行う場合に比べて、10倍の書き込みスループットを達成できます。

 BulkExecutor libraryは、パーティションキー範囲ごとに毎秒送信するデータ量を増やし、スロットリングが発生するとデータ量を減らす輻輳制御を行うことで、スループットを最適化しています。

 詳細は、ブログポスト「Microsoftデータ プラットフォームが、クラウド スケールの革新と移行への勢いを継続」「Azure #CosmosDB @ Build 2018: The catalyst for next generation apps」「Introducing the #Azure #CosmosDB Bulk Executor library」をご覧ください。

Azure Cosmos DB BulkExecutor library

 「Azure Cosmos DB Async Java SDK for SQL API」がリリースされ、GAになりました。これは、RxJavaライブラリを活用して、非同期APIを提供しています、

 詳細は、ブログポスト「Azure #CosmosDB @ Build 2018: The catalyst for next generation apps」をご覧ください。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ