このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第39回

私の「de:code 2018」が無事終了

Azure SQL Database向けセキュリティパッケージ「SQL ATP」発表

2018年05月28日 13時00分更新

文● 佐藤直生 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは、さとうなおきです。「週刊アジュール」では、先週の1週間に発表されたMicrosoft Azureの新機能から、筆者の独断と偏見で選んだトピックについて紹介していきます。今回は、5月14日~5月20日の1週間に発表された内容を取り上げています。

 前回は、「Build 2018」アップデート特集として、IoT編AI編アプリ開発(コンテナー/サーバーレスなど)編データ編の4回に分けてお送りしましたね。

 その後5月22日、23日の2日間、東京でBuild 2018の日本版にあたる「de:code 2018」カンファレンスが開催されました。この記事は、de:code 2018終了後に書いています。私はde:code 2018の2日間で4つのセッションを担当していまして、だいぶ燃え尽きつつありますが、頑張っていきます(笑)

Azure SQL Database:SQL脆弱性評価、SQL Advanced Threat Protection

 Azure SQL Databaseは、SQL Serverベースのリレーショナルデータベースサービスです。

 SQL脆弱性評価(VA)は、Azure SQL Databaseの構成の不備、過剰な権限、保護されていない機密データなど、セキュリティの脆弱性を検出、追跡、修復します。

 SQL脆弱性評価は、2017年9月のIgnite 2017カンファレンスでパブリックプレビューになっていました。今回、SQL脆弱性評価がGA(一般提供)になりました。

Azure SQL DatabaseのSQL脆弱性評価

 Azure SQL Database向けのセキュリティパッケージとして、「SQL Advanced Threat Protection」(SQL ATP)が新たに発表されました。SQL Advanced Threat Protectionには、次の3つの機能が含まれています。

 SQL Advanced Threat Protectionの価格は、Azure Security Centerの価格に従っており、Azure SQL Databaseのサーバーあたり1680円/月です。最初の60日間は無料で試用可能なので、是非お試しください。

 詳細は、ブログポスト「Announcing SQL Advanced Threat Protection (ATP) and SQL Vulnerability Assessment general availability」をご覧ください。

Azure SQL DatabaseのSQL Advanced Threat Protection

 2017年12月に、Windows、macOS、Linux上で動作する、SQL Server、Azure SQL Database向けの新しいコマンドラインインターフェイス(CLI)「mssql-cli」が発表され、パブリックプレビューがリリースされていました

 mssql-cliがアップデートされ、mssql-cli 0.13.0がリリースされました。Linuxでのapt-getを使ったインストール、GDPRコンプライアンスなどの新機能があります。

 詳細は、ブログポスト「A new update for mssql-cli, an interactive CLI, is now available」をご覧ください。

mssql-cliのIntelliSense(自動補完)

Azure App Service:Azure PortalでのHTTP/2の構成、Azure Stack向けアップデート

 Azure App Serviceは、Webアプリ、Web API、モバイルバックエンドをホストするためサービスです。

 4月に、Azure App Serviceで、HTTP/2がサポートされていました

 この時に予告されていた通り、Azure Portalで、Azure App Serviceに対するHTTP/2の構成が可能になりました。

 詳細は、更新情報「HTTP/2 configuration available in the Azure portal」をご覧ください。

Azure Portalでの、Azure App Service向けのHTTP/2の構成

 Azure Stackは、オンプレミスにAzure互換の環境を持つことのできるハイブリッドクラウドプラットフォームです。

 Azure Stack向けのAzure App Serviceである「Azure App Service on Azure Stack」で、3月にリリースされていたUpdate 1に続いて、Update 2がリリースされました。デプロイスロットのスワップのサポートなどが追加されています。

 詳細は、ブログポスト「Azure App Service on Azure Stack Update Two Released」をご覧ください。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ