このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

さとうなおきの「週刊アジュール」第35回

「Build 2018」アップデート IoT編:インテリジェントエッジ向けに大幅機能強化

KubernetesでAzure IoT Edgeのデプロイを管理

2018年05月21日 12時00分更新

文● 佐藤直生 編集 ● 羽野/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは、さとうなおきです。「週刊アジュール」では、先週の1週間に発表されたMicrosoft Azureの新機能から、筆者の独断と偏見で選んだトピックについて紹介していきます。

 2018年5月7日から9日の3日間、米国シアトルでMicrosoftの年次開発者カンファレンス「Build 2018」が開催されました。5月8日に公開した前回の「『Build 2018』特別号外:1日目基調講演のAzure新発表まとめ」に続いて、今回は、Build 2018でのアップデートのまとめを、IoT編、AI編、アプリ開発(コンテナー/サーバーレスなど)編、データ編の4回に分けてお送りします。

 本稿はIoT編です。AzureのIoT関連のアップデートをまとめて紹介します。

Build 2018の情報はここをチェック

 Build 2018カンファレンスのコンテンツには、次のリンク先からアクセスしてください。

 Build 2018での発表の全体感を掴みたい方は、次のプレスリリース、ブログポストをご覧ください。

Project Kinect for Azureを発表

 新たに発表されたProject Kinect for Azureは、Microsoftの深度カメラとAzureサービスを組み合わせて、エッジでの効率的なAIを可能にします。

 詳細は、記事「Introducing Project Kinect for Azure」Perception-powered intelligent edge dev kitsのページをご覧ください

Project Kinect for Azure

Azure IoT Edge:Custom Visionのサポート

 Azure IoT Edgeは、分析やビジネスロジックをクラウド側ではなくエッジ(デバイス)側で実行できるようにするサービスです。Azure IoT Edgeは、現在プレビュー中です。

 Azure Cognitive Servicesは、画像認識、音声認識、自然言語処理といった、AIを活用したAPIサービスです。Azure Cognitive Servicesの1サービスである「Custom Vision」は、カスタムの画像分類モデルを構築するサービスです。

 Azure IoT EdgeへのAzure Cognitive Servicesのデプロイがサポートされました。現在は、Custom Visionだけがサポートされています。今後、さらに多くのサービスがサポートされる予定です。

 詳細は、ブログポスト「Azure AIプラットフォームの発表: 開発者向けの新たな革新」「IoT の可能性を解き放つ — インテリジェントクラウドからインテリジェントエッジまで」「What’s new with Azure IoT Edge?」をご覧ください。

Azure IoT Edge:Azure Event Gridのサポート

 Azure Event Gridは、イベントルーティングサービスです。

 Azure IoT EdgeでAzure Event Gridをサポートする計画が発表されました。

 詳細は、ブログポスト「IoT の可能性を解き放つ — インテリジェントクラウドからインテリジェントエッジまで」をご覧ください。

Azure IoT Edge: ランタイムのオープンソース化

 Azure IoT Edgeのランタイムを、GitHubでオープンソースにする計画が発表されました。

 詳細は、ブログポスト「IoT の可能性を解き放つ — インテリジェントクラウドからインテリジェントエッジまで」「What’s new with Azure IoT Edge?」、記事「『Build 2018』特別号外:1日目基調講演のAzure新発表まとめ」をご覧ください。

Azure IoT Edge:Kubernetesを使った管理

 Azure IoT Edgeは、コンテナーを活用したアーキテクチャを採用しています。

 今回、実験的プロジェクトとして、Azure IoT Edge Connector for Kubernetesがリリースされました。これを使うと、コンテナーオーケストレーターであるKubernetesを使って、Azure IoT Edgeのデプロイを管理できるようになります。Virtual Kubeletを使った仮想Kubernetesノードを利用しています。

 詳細は、ブログポスト「IoT の可能性を解き放つ — インテリジェントクラウドからインテリジェントエッジまで」「What’s new with Azure IoT Edge?」「Manage Azure IoT Edge deployments with Kubernetes」、GitHubリポジトリ「Azure IoT Edge Connector for Kubernetes」をご覧ください。

Azure IoT Edge Connector for Kubernetes

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ