このページの本文へ

登録62社がそれぞれの分野の強みを活かして顧客の問題を解決

さくらインターネット、パートナー制度「SAKURA internet Partner Network」を開始

2018年05月08日 16時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「SAKURA internet Partner Network」

 さくらインターネットは5月8日、新たなパートナー制度「SAKURA internet Partner Network」を開始、ユーザーからの相談を受け付ける。

 パートナーとして現在、サーバー選定や構築、システム・アプリ開発といった各種分野の企業62社が登録されている。各社の得意分野を活かし、さくらインターネットのインフラサービスとともにユーザーのビジネスにおける課題を解決するとしている。

 パートナー企業は随時拡充し、今度はIoT製品の設計製造やセンサーデータ活用のためのシステム設計といったIoT事業分野におけるパートナーも増やすとしている。

カテゴリートップへ

灯油タンクで残量検知を実現!北海道の生活を守るIoTとは【熱量IoT】#3

動画一覧はこちら!