このページの本文へ

デザインを刷新した新コントロールパネルも発表

さくらインターネット、WordPressなどを高速化する「PHPモジュールモード」提供開始

2018年04月18日 14時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
5月リリース予定の新コントロールパネル

 さくらインターネットは4月18日、WordPressなどのPHPアプリケーションを高速化する「PHPモジュールモード」を提供開始した。

 「さくらのレンタルサーバ」(スタンダード、プレミアム、ビジネス、ビジネスプロ)および「さくらのマネージドサーバ」において利用できるもので、従来の料金そのままにWordPressやEC-CUBE、concrete5などPHPを利用したCMSの管理画面の操作やサイト表示速度の大幅な改善が期待できるという。同社でパフォーマンステストを行なった結果、これまでのCGIモードと比較してWordPressサイトが最大16倍速い処理結果となったとしている。

 また同時に、新コントロールパネルを発表。デザインを刷新して各種設定が分かりやすくなり、WordPressのインストールがより簡単に行なえるという。β版を5月公開する予定。

カテゴリートップへ

灯油タンクで残量検知を実現!北海道の生活を守るIoTとは【熱量IoT】#3

動画一覧はこちら!