このページの本文へ

LTE閉域網を使うことで機器をさくらのデータセンターに直結したセキュアな利用

さくらインターネット、月額12円のIoT/M2M向けSIMサービスを提供開始

2018年01月16日 16時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
マルチサイズSIMのほかチップ型SIMも用意

 さくらインターネットは1月16日、IoT/M2M向けのSIMサービス「さくらのセキュアモバイルコネクト」を発表。2月より提供予定。

 ユーザーの製品に入れるSIMを提供し、インターネットを経由しないLTE閉域網でさくらのデータセンターに接続できるようにするサービス。堅牢性の高いセキュリティーに加えて、データセンター事業者ならではの強みを生かし、ネットワーク通信速度制限を設けず月額基本料金12円という安価で快適な通信を提供する。

ネットワーク利用料は1アカウントあたりのスイッチ利用料(2160円/月)とモバイルゲートウェイ料(4320円/月)の合計。モバイルゲートウェイ料は500MB/月の無料通信量を含む

 月額基本料金のほか、初期費用としてSIM本体価格2160円が必要となる。データ通信料は6円/MB、ネットワーク利用料金は6480円/月。SIMは標準/micro/nanoの3種類にカットして利用できるマルチサイズSIMを採用。また3月末には、「チップ型SIM」(500枚より)も選択可能とする。

カテゴリートップへ

灯油タンクで残量検知を実現!北海道の生活を守るIoTとは【熱量IoT】#3

動画一覧はこちら!