このページの本文へ

「SSDPEK1W060GA01」、「SSDPEK1W120GA01」

起動ドライブでもRAIDでも使える「Optane SSD 800P」が販売開始

2018年04月12日 23時37分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテルとマイクロンが共同開発した次世代メモリー技術「3D XPoint」を採用したメインストリーム向けのSSD「Intel Optane SSD 800P」が登場。容量58GB「SSDPEK1W060GA01」と118GB「SSDPEK1W120GA01」2モデルが販売中だ。

次世代メモリー技術「3D XPoint」を採用したメインストリーム向けのSSD「Intel Optane SSD 800P」

 「Intel Optane SSD 800P」シリーズは、PCI Express 3.0×2インターフェースに対応したM.2タイプのSSD。従来のOptane Memoryと異なり、OSの起動ドライブやチップセットのRAID機能も利用できる。

パッケージは白箱と味気ないが、中身は自作派注目のアイテム。OSの起動ドライブには最適のSSDだ

 転送速度はシーケンシャルリード1450MB/sec、同ライト640MB/sec、ランダムリード25万IOPS、同ライト14万IOPS、MTBFは160万時間、動作温度は0~85度で、製品保証は5年間。なお、同製品については「365TBWの圧倒的耐久性!起動ドライブでもRAIDでも使えるOptane SSD 800Pの実力」で詳しくレビューしているので参照してもらいたい。

 価格は58GB「SSDPEK1W060GA01」が1万3770円、118GB「SSDPEK1W120GA01」が2万5380円。パソコンショップアーク、オリオスペック、テクノハウス東映、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中