このページの本文へ

Crucial「CT250MX500SSD4/JP」、「CT500MX500SSD4/JP」、「CT1000MX500SSD4/JP」

Crucial「MX500」シリーズからSATA対応のM.2 SSDが3モデル発売

2018年05月01日 22時41分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Crucialから、Micron製3D TLC NANDフラッシュを採用するSerial ATA対応のM.2 SSD「MX500」シリーズが登場。複数のショップで販売中だ。

Micron製3D TLC NANDフラッシュを採用する、CrucialのSerial ATA対応M.2 SSD「MX500」シリーズ

 「MX500」シリーズは、コントローラーにSilicon Motion「SM2258XT」、NANDフラッシュにMicron製3D TLCを採用するSSD。すでに2.5インチモデルが今年1月に発売されており、新たにM.2対応モデルが追加された。

ラインナップは250GB~1TBまで3モデル。基本スペックは2.5インチモデルと同じだ

 基本スペックは2.5インチモデルと同じ。転送速度はシーケンシャルリード560MB/sec、同ライト510MB/sec。ランダムリードが最大9万5000IOPS、ランダムライトが最大9万IOPS。書込耐性は最大360TBWで製品保証は5年間。

 発売されたのは250GB「CT250MX500SSD4/JP」(9980円)、500GB「CT500MX500SSD4/JP」(1万7800円)、1TB「CT1000MX500SSD4/JP」(3万3800円)の3モデル。

 パソコンショップアークやパソコン工房 秋葉原 BUY MORE店、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中