このページの本文へ

Xperia XZ Premiumロングランレポート第31回

手ぶくろモードとスーパースロー撮影で冬も楽しいXperia XZ Premium

2018年01月23日 10時00分更新

文● 中山 智 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Xperiaには定番として搭載されている「手ぶくろモード」。タッチ操作対応の手ぶくろじゃなくても、そのまま操作できる寒い季節にありがたい機能です。とはいえ筆者は普段手ぶくろをする習慣がなかったので、そのありがたみをあまり感じていませんでした。

実はあまり使っていなかった手ぶくろモード

 その手ぶくろモードのありがたさを砂漠のラスベガスでついに実感できました。といっても屋外ではなく、マイナス5度まで室温を冷やしたアイスバーというアトラクション。とてもじゃないですが素手では長時間いられないくらいキンキンに冷やされているので、入り口では防寒具と手ぶくろを貸してくれます。

マイナス5度のアイスバーでXperia XZ Premiumの手ぶくろモード威力発揮!
レンタルのスマホ非対応手ぶくろでもバッチリ操作できた

 ただそうなると不便なのが写真撮影。室内の壁や椅子、テーブルなどは氷でできていてなかなかにフォトジェニック。Xperia XZ Premiumにはシャッターボタンが本体側面についているので、撮影するだけなら手ぶくろをしたままでもできますが、設定を変更したりするにはやはりタッチ操作が必要です。

氷のグラス片手に持っててもちゃんと撮影できる

 そこで手ぶくろモードをオンに。もっと反応は悪いかと思いましたが、意外と素手で操作しているのと同じ感覚です。反応するポイントを中心に丸い輪が表示されるので、実際にどの辺をタッチするのかもわかりやすくて便利。これなら普段から手ぶくろをしていてもいいかなと思いました。

ディスプレー上に表示される円の中心ポイントがタッチ位置

 手ぶくろモードへの切り替えは、画面上部からスワイプで引き出すクイック設定パネルに登録しておけるので、簡単に操作できます。手ぶくろモードは素手だと反応が良すぎてしまうので、使わないときはオフにしておきましょう。

手ぶくろモードはクイック設定パネルで切り替え可能

 さて、この原稿を書いている途中で関東地方は大雪になりました。吹雪のような雪は自分としては久しぶり。この雪の降る光景をXperia XZ Premiumのスーパースローで撮ってみたらどうなるかと思って、撮影してみました。

 スロー再生中は雪が舞うのがはっきりとわかり、かなり幻想的な雰囲気になりました。Xperia XZ Premiumは寒い冬でも便利で楽しく使う機能が搭載されているのがいいですね。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン