このページの本文へ

Xperia XZ Premiumロングランレポート第56回

SIM交換不要の貼るタイプ「変なSIM」をXperia XZ Premiumで使ってみた

2018年07月27日 10時00分更新

文● 中山 智 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 格安SIMで運用している「Xperia XZ Premium(SO-04J)」を海外で使う際にネックとなるのがSIMです。SIMロックを解除してあるので、現地キャリアのプリペイドSIMを購入して使用できますがSIMの抜き差しがめんどうです。かといって格安SIMの場合、おトクな海外ローミング通信サービスを用意しているところはほとんどありません。

 SIMは抜き挿ししたくないけど、おトクに海外で通信したい。そんな願いを解決できそうなのが、H.I.S.モバイルの「変なSIM」です。

今回はH.I.S.モバイルの「変なSIM」を使ってみる

 購入したのは「変なSIM」の貼るタイプ。普段使っているSIMに貼り付けることで、SIMを抜き挿ししなくても海外用のSIMとして使えるので、シングルSIM仕様のXperia XZ Premiumにピッタリです。

 まずはXperia XZ PremiumからSIMを取り出して、説明書のとおりに変なSIMを貼り付けます。同梱されている説明書はAndroid版とiOS版があってわかりやすいのは◎。

同梱されていた説明書はOS別に2種類台紙からフィルムを剥がして、Xperia XZ Premiumに装着していたSIMを台紙にセット
そのままフィルムを張り直して、ギュッと貼り付ける再度フィルムを剥がしてSIMを取り出す

 あとはXperia XZ PremiumのSIMトレーに変なSIMを貼り付けたSIMを挿入するだけ。貼り付けたぶんだけ厚みは増えていますが、すんなり入りました。

SIMスロットへ装着。特にキツいなどという問題はなし

 SIMを装着したら、専用アプリを起動させます。アプリはPlayストアからダウンロード可能。アプリを起動させたら、変なSIMを購入時に作成したIDとパスワードでログインします。

 専用アプリからは各国のプランが購入可能です。今回はタイに来ているので「購入」から「タイ」をタップ。すると1日ぶんの料金が表示され、利用する日数が選べるようになっています。

購入ボタンから渡航先の国や地域をタップ1日の基本料金が表示され、利用日数が選べる
利用日数は1日から7日。長期間利用しても割り引きはない

 プランを購入したらSIMの切り替え作業。画面下部の「切り替え」ボタンをタップして、「国内SIM」から「変なSIM」への切り替えボタンを押します。SIMを抜き挿ししなくていいのは便利ですね。

切り替え画面でSIMを変なSIMに変更する切り替えには成功した

 ここから「このプランを使う」をタップすれば通信スタート……なはずですが、何度タップしてもスタートしません。さらに言えば電波をキャッチせず、アンテナピクトは圏外のままです。

この状態からスタートを押しても動作せず手動でキャリアを選ぼうとしても登録できないと表示される

 サポートデスクにも電話をかけたのですが、混雑していて「順番におつなぎします」が1時間ほど経過してからやっとつながった。症状を伝えたあと、オペレーターから折り返し電話くれることになりましたが、結局その日の夜に日本へ戻る便に搭乗したため、今回はそのままタイムアップとなってしまいました。

 筆者は以前にも貼るタイプのローミングサービスを使ったことがあるのですが、このときも端末の相性やSIM切り替え時にエラーも頻繁にでていました。さらに抜き差ししなくてもいいとはいえ、やはり仕事柄何度かSIMを抜き挿しする必要があり、そのうちに剥がれたりスロットに引っかかりと意外と大変。

 こういった作業にあまり詳しくないユーザーは、やはり海外キャリアのプリペイドSIMやレンタルのモバイルルーターなどを使ったほうがわかりやすく安心ですね。とはいえ知り合いのライターは同じタイでもiPhoneで問題なく使えていたようですし、相性の問題もあるのかも。近いうちにほかの国に出かけたときに再チャレンジしてみます。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン