このページの本文へ

PUBG&VRも超快適!特大クーラーで冷却力もスゴイ、ZOTAC製「GTX 1070 Ti」レビュー

実ゲームでもGTX 1080並みに快適!定格でも十分な性能で◎

2018年01月26日 14時00分更新

文● 加藤勝明 編集●ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 では実ゲームベースのベンチマークに移ろう。人気MMORPG「ファイナルファンタジーXIV:紅蓮のリベレーター」の公式ベンチのスコアー比較からスタートする。画質は“最高品質”とし、解像度はフルHD/WQHD/4Kの3通りとした。スコアーのほかにベンチ中の平均fpsも合わせてご覧頂きたい。

「ファイナルファンタジーXIV:紅蓮のリベレーター」公式ベンチのスコアー
「ファイナルファンタジーXIV:紅蓮のリベレーター」公式ベンチの平均fps

 GTX 1070 Ti AMP Extremeは定格だとGTX 1080のFounders Editionよりどの程度遅いのかイメージがわかないが、平均fpsで見るとおおよそ4から6fps程度遅い程度、ということにがわかる。だが、OCすることによりその差をぐっと縮めることができる。

 続いてはDirectX11ベースのゲームの中で最重量級といってよい「Assassin's Creed: Origins」のパフォーマンスをチェックしよう。画質は“最高”とし、ゲーム内のベンチマーク機能を利用して計測した。

「Assassin's Creed: Origins」の平均fps

 GTX 1080はメモリーがGDDR5Xであるため超高負荷環境でメモリー(VRAM)がボトルネックになりにくいが、現実の高負荷ゲームにおいてVRAMの帯域がボトルネックになるかはゲームの設計と画質設定次第。特にこのゲームは最高設定だとメモリー帯域を云々する前にGPUコアがボトルネックになるようで、OCした状態であればGTX 1080のFounders Editionをわずかではあるが上回ることができた。

 続いてはDirectX12ベースの「Forza 7 Motorsport」で検証する。画質の動的最適化機能が機能しないよう、個々の画質設定を全て一番重くするよう設定した。ただしレンダースケールはドット等倍(100%)、MSAAは「4x」とした。ゲーム内のベンチマーク機能を利用して計測している。

「Forza 7 Motorsport」1920×1080ドット時のfps
「Forza 7 Motorsport」2560×1440ドット時のfps
「Forza 7 Motorsport」3840×2160ドット時のfps

 このゲームはクロックが非常に効くようで、OCした状態であればGTX 1080のFounders Editionよりも明確にフレームレートが向上。後に詳しく解説するが、大型クーラーの冷却性能が高いため、ずっと高クロック状態が続くのが本製品の速さの秘密のようだ。

 最後に先月ようやく正式リリースとなったPUBGのフレームレートもチェックしてみよう。画質は“ウルトラ”とし、砂漠マップにおけるプレイヤーの待機所で一定のコースを走った際のフレームレートを「Fraps」で測定した。

「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」1920 ×1080ドット時のfps
「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」2560 ×1440ドット時のfps
「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」3840 ×2160ドット時のfps

 周囲にいる他プレイヤーの密度といったシチュエーションで最終的なパフォーマンスは変わるため、最低fpsは若干誤差があるが、それでもフルHDやWQHDで十分快適なフレームレートが得られることが確認できた。OCすればさらにフレームレートを伸ばすことができるが、60Hz液晶を使っているなら、OCなしの状態でも十分快適に運用できそうだ。

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中