このページの本文へ

PUBG&VRも超快適!特大クーラーで冷却力もスゴイ、ZOTAC製「GTX 1070 Ti」レビュー

OCでGTX 1080 FEを超えた!

2018年01月26日 14時00分更新

文● 加藤勝明 編集●ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回の検証環境は以下の通りだ。GTX 1070 Ti AMP Extremeの定格状態のほかに、ベース1780MHz、メモリー8400MHz相当にOCした状態で性能をチェックする。比較対象として「GTX 1080 Founders Edition」を準備。GTX 1070 TiのファクトリーOCが封じられているのはGTX 1080を超えないようにという配慮だが、ユーザーOCで超えられるかどうかが見ものだ。

【検証環境】
CPUIntel Core i7-8700K(3.7GHz、最大4.7GHz)
マザーボードGIGABYTE Z370 AORUS Gaming 7(Intel Z370)
メモリーG.Skill F4-3200C14D-16GTZR×2(DDR4-2666で動作、8GB×4)
グラフィックスGeForce GTX 1070Ti AMP Extmeme、GeForce GTX 1080 Founders Edition
ストレージIntel SSDPEKKW010T7X1(NVMe M.2 SSD、1TB)、Crucial CT1050MX300SSD4/JP(M.2 SATA SSD、1.05TB、データ用)
電源ユニットSilverstone SF850F-PT(850W、80PLUS Platinum)
OSWindows 10 Pro 64bit版(Fall Creators Uptade)
電力計ラトックシステム REX-BTWATTCH1

 まず何はなくとも「3DMark」で性能の傾向を掴んでおかなくては今後の話が進まない。今回は“Fire Strike”“Fire Strike Ultra”“Time Spy”“Time Spy Extreme”の4つのテストで比較する。

「3DMark」のスコアー

 定格の状態でのスコアーは、GTX 1080よりも明らかに下回るが、OCすることによって同等、あるいはそれ以上のスコアーを獲得することがわかる。ファクトリーOCが許されない理由がよく分かるというものだ。

 続いて「VRMark」でも性能をチェックしてみよう。最近は「Fallout4 VR」のような超大作VRタイトルが遊べるし、VRヘッドマウントディスプレー(HMD)でのプレイにも新たな動きが見られたので、VRのためにGPUを強化するのは多いにアリだろう。

「VRMark」のスコアー

 VRMarkも3DMarkと傾向はほぼ一緒。定格のまま使っても十分な性能が得られる(さすがにBlue Roomクラスの負荷には辛いが……)。特に現行のVRシステムをターゲットにしたOrange Roomでの平均フレームレートは250fps前後と非常に高いので、よほどの重量級VRコンテンツでない限り快適に遊べることは確かだ。

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中