このページの本文へ

Cooler Master「MasterCase H500P」

200mmの大口径RGBファンの存在感がすごいPCケース

2018年01月10日 23時31分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Cooler Masterから、フロントに200mmの大口径RGBファンを2基を搭載したミドルタワーPCケース「MasterCase H500P」が登場。12日(金)から販売が始まる。ショップに入荷しているサンプル版を一足早くチェックしておこう。

フロントに200mmの大口径RGBファンを2基を搭載したミドルタワーPCケース「MasterCase H500P」

 「MasterCase H500P」の特徴は、フロントの透明プラスチックカバーの中に並ぶ2基の大口径200mmRGBファンだろう。付属のRGB LED用の分岐ケーブルと4ピンのオス/オスアダプターを使用することで、RGB対応マザーボードや、RGBコントローラー(別売)と連携。ASUS「AURA Sync」、ASRock「RGB LED」、GIGABYTE「RGB Fusion」、MSI「Mystic Light Sync」といったマザーボード各社のRGB機能にも対応する。

フロントとトップは透明プラスチックカバー。左サイドはスモーク仕様の強化ガラスパネルを採用する

 左サイドはスモーク仕様の強化ガラスパネルを採用。リア部分には縦向きのPCIスロットを備えるため、ビデオカードを魅せる縦向きに設置することができる(別途ライザーケーブルが必要)。

内部は電源カバーを備える今どき仕様。2.5インチシャドウ×2はカバーの上に用意される

 内部はベイ数が、2.5/3.5インチシャドウ×2、2.5インチシャドウ×2。最大412mmを確保した拡張カードスペースのほか、CPUクーラーは全高190mmまで、ラジエーターはフロントとトップが360mm、リアが140mmまで。

トップは透明プラスチックカバーのためRGB仕様のファンを追加したいところ。背面スペースはケーブル配線を隠すカバーを備える

 冷却ファンはフロント200mm×2(RGB仕様標準搭載/800rpm)、リア140mm×1(標準/1200rpm)のほか、フロントとトップともに120/140mm×3もしくは200mm×2まで搭載可能。全体サイズは、242(W)×544(D)×542(H)mm。

拡張性も高く高冷却仕様のケースにも最適だろう

 価格は2万3000円(税抜)。パソコンショップアークやパソコン工房 秋葉原 BUY MORE店、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売予定だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中