このページの本文へ

DAN Cases「A4-SFX v2」

超小型Mini-ITXケースで話題の「A4-SFX v2」がついに発売

2018年01月17日 23時46分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Mini-ITXケースとしては、非常に小型なモデルとして注目の独DAN Casesブランドの製品「A4-SFX v2」が発売された。国内代理店はディラック。

独DAN Casesブランド「A4-SFX v2」。Mini-ITXケースとしては、非常に小型なモデルとして注目の製品

 「A4-SFX v2」は、クラウドファンディングのKickstarterで誕生した小型Mini-ITXケース。クラウドファウンディングにより誕生したヒットケースといえば、Mini-ITX対応のNCASE「M1」があるが、「A4-SFX」はさらに小型化。本体サイズは114(W)×318(D)×200(H)mm、重量1.25kgとなっている(「M1」は160(W)×328(D)×250(H)mm)。

本体サイズは114(W)×318(D)×200(H)mm。素材はフルアルミ製となっている

 カラーラインナップはブラックとシルバーで、オプションながらアクリルウィンドウ「A4-SFX Windows Kit」(税抜1万980円)もあり。ベイ数はボトム部に2.5インチシャドウベイ×3が用意されているほか、電源ユニットはSFX/SFX-L規格に対応。ビデオカードは2スロット厚/奥行き295mmまで(高さは144mmまで)、CPUクーラーは高さ48mmまで利用可能だ。

内部の様子。ビデオカード用のライザーケーブルは3M製を採用する
組み込みイメージ。TITAN Xのようなハイエンドビデオカードも搭載できる

 価格は3万8858円。パソコンショップアークやオリオスペック、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中