このページの本文へ

人の声と遜色ない自然な音声でナレーションや書籍の読み上げ

NTTテクノクロス、国内初の深層学習を活用した音声合成技術を発売

2017年12月05日 19時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
深層学習(DNN)を活用した音声合成のイメージ

 NTTテクノクロスは12月5日、NTTの人工知能技術「corevo」を適用することでバージョンアップした音声合成ソフトウェア「FutureVoice Crayon」の商用販売を開始した。

 深層学習を利用することにより、少量の音声データから声のバリエーションを簡易に増やせると同時に、従来の音声合成技術よりも遥かに自然な声を実現。人の声と遜色ない自然な音声でナレーションや書籍の読み上げができるという。

 FutureVoice CrayonはこれまでにもNTTドコモの対話サービス「おしゃべり」、黒柳徹子さんのアンドロイド「totto」に活用された経緯がある。新たなバージョンではさらに自然な声となっており、リリース時では声優の梶裕貴さんの声をデータベースとして構築、自然で忠実な声を再現している。販売価格は利用環境により異なるため、要問い合わせ。

カテゴリートップへ

開発者の生の声を聞く『熱量IoT』