このページの本文へ

クラウドサービスやIoTなど、データセンターの大容量需要に対応

東芝、世界初の記憶容量14TB HDDをサンプル出荷開始

2017年12月08日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「MG07ACAシリーズ」

 東芝デバイス&ストレージは12月8日、サーバーなどの用途向けにCMR(従来型磁気記録)方式で世界初となる記憶容量14TBを達成したHDD「MG07ACAシリーズ」を開発、サンプル出荷を開始した。

 クラウドサービスやデータセンターなどの大容量ストレージを必要とする業務向けのHDD。3.4型ディスク9枚を搭載し、ドライブ内部にはヘリウムを充填。空気より軽いヘリウムを密閉することにより、ヘッド浮上やディスク回転を従来よりも安定させ、大容量化と低消費電力化を実現したという。

 14TBモデルのほか、12TBモデル(ディスク8枚)も用意。いずれもインターフェースはSATA 6 Gbit/s。MTTF(平均故障時間)は250万時間、電力消費効率(W/GB)は従来製品と比べ50%以上向上し、システムの総所有コスト削減に寄与するとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

灯油タンクで残量検知を実現!北海道の生活を守るIoTとは【熱量IoT】#3

動画一覧はこちら!