このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

東京ゲームショウ2017レポート第46回

Fallout 4の世界や165キロの豪速球などVIVEブースのVR体験がヤバイ!

2017年09月24日 10時00分更新

文● ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今年の東京ゲームショウでVRと言えば、やはりHTCのVIVEが目立つ。運営側の調べでは、去年の倍はVIVEが使われているとのこと。もちろん、他のVR対応ハードウェアの中では、使用率はダントツだ。そんな、勢いのあるVIVEブースで体験できるVRコンテンツを試してきたので、紹介したい。

銃を撃つ感覚がリアルな本格FPS

 台湾で運営されているアーケード施設「VIVELAND」でプレイ可能な、4人マルチプレイシューティング。取り付けた物の位置を検知する「VIVE Tracker」をモデルガンに取り付け、銃の確かな感触を得たシューティングは、サバゲ―感覚でとてもいい。

時間内に恐竜を倒しきれないとゲームが終了してしまう。放物線を描くが、威力の高いグレネードの使いどころが重要だ
恐竜という非現実的な生き物との闘いを、立体的でリアルに表現できるVRならではの楽しさにのめり込む
銃身の上に取り付けられたVive Trackerにより、銃の位置、動きがきちんとVR空間に反映される。握った銃の感触もあるため、より本物の銃を撃つ感覚を得られる
ゾンビは、後ろからも突然沸くので、複数人でプレイする場合は、お互いをカバーすると吉。声を掛け合いながら友人と戦うのは、とても楽しそうだ

 午前と午後とコンテンツが切り替わる。攻めてくる巨大な恐竜を倒すか、暗い施設内で大量のゾンビを相手に銃撃を行なうか、いずれかのVRコンテンツを体験できる。本来の台湾の施設では、床が振動する仕組みを採用しているため、さらに高い臨場感を得られたということだが、残念ながらそのシステムを持ち込むことはできなかったという。

 複数人で歩き回り、超リアルなVRシューティング体験は、何度プレイしても楽しい。360度から敵に襲われるため、一方向のみに集中していると、後ろからガッツリ攻撃されていることも。特に、ゾンビを倒す方では、膝下くらいの小型ゾンビがとても厄介。大型なゾンビを撃っていると、いつの間にか沸いて出てきた小型ゾンビに足元を攻撃されてしまうのだ。

 こうした3次元対応に追われる楽しさは、VRならでは。台湾に行く機会がある人は、ぜひ本場の施設で体験してもらいたい。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事