このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

東京ゲームショウ2017レポート第29回

あの話題のVR専用ゲームの“カノジョ”も登場

TGSで「VIVE」を採用したVRを厳選紹介、その理由も聞いてみた!

2017年09月22日 23時00分更新

文● ジャイアン鈴木 編集●ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月22日(木)から25日(日)の4日間にかけて幕張メッセで開催されている「東京ゲームショウ2017」。日本最大のこのゲーム展示会では昨年の2016年からVR/ARコーナーが新設されており、数多くのVR/ARコンテンツが披露されています。

 ブースごとに使用しているVRデバイスは異なりますが、どのような理由からVRデバイスは選ばれているのでしょうか? この記事ではHTCの「VIVE」を使っていたVRコンテンツを紹介しつつ、またそのメーカーがVIVEを採用した理由について解説していきます。

「GOLDRUSH VR」ハシラス

 これまで27種類84筐体のロケーションベースVR(施設体験型VR)を制作してきたハシラスが、ソニー・ミュージックエンタテインメントと業務提携後の第一弾タイトルとしてリリースしたのが「GOLDRUSH VR」。VR空間を自由自在に動くことができるフリーローム型で、遺跡探検をモチーフにしています。

 ゲームでは、遺跡の入り口→遺跡の部屋→神殿とステージを移動しますが、移動する手段としてトロッコが用意されています。トンネルを疾走する移動中にはジェットコースターのような爽快感も味わえます。

 GOLDRUSH VRは本来バッテリーを内蔵し、背負うタイプのバックパックPCにより、ケーブルレスで体験できるVRコンテンツですが、東京ゲームショウの電波状況が非常に厳しかったため、バックパックPCをブース上の柱に固定し、そこからケーブルを伸ばすという運用方法が採られました。

「GOLDRUSH VR」でVIVEが採用された理由は単純明快で、Oculus Riftではフリーローム体験ができないためとのこと。またVIVEは本来3×4mがルームスケールの上限ですが、ハシラスが独自に検証した結果、5×5mでも動作することが確認できたことも理由のひとつとのことです。

ポリフる ライブ DE リズム!」テレビ朝日メディアプレックス

 テレビ朝日メディアプレックス「ポリフる ライブ DE リズム!」は、アイドルのステージパフォーマンスを鑑賞しながら、曲に合わせて「オタ芸」的に全身アクションを堪能する、いわゆる「音楽ゲーム」です。

 単にケミカルライトを振り回すのかと思いきや、飛んでくる宝石のような光を叩いたり、前方に現れる光の輪にケミカルライトを差し込んだり、前方に表示されるポーズを瞬時に真似るなど多彩なアクションが要求されます。恥ずかしがっているヒマなどなく身体が勝手に動いてしまいますよ。

 また、基本ふたりでプレイして、オタ芸を競い合うという対戦要素がゲームを盛り上げます。画面にはつねに自分と対戦相手のスコアが縦グラフで表示されているので、意識せずとも自然にアクションに気合いがはいるというものです。

 VIVEを採用した理由は、調達のしやすさとハンドトラッキングコントローラーを同梱するVRデバイスとしての実績とのことです。

前へ 1 2 次へ

この特集の記事