このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

東京ゲームショウ2017レポート第25回

TGSで見かけたPCパーツ関連! 東プレ、IO DATA、そしてモンスターエナジーも

2017年09月22日 19時03分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 いよいよ迫ってきている東京ゲームショウ2017の一般公開日。話題のタイトルのステージチェックから、最新ゲームの試遊、コンパニオンやゆるかわキャラとの撮影、フードコートのご当地メニューの制覇まで、2日でこなすのは非常に大変。少しでも役立つように、ハード系をメインに気になったブースを紹介しよう。

未発表の4K HDR液晶やプロによる実況を体験できる
アイ・オー・データ機器

お祭りをイメージしたアイ・オー・データ機器のブース。展示機器よりも、女性の浴衣姿に、こころ惹かれる(でも男性スタッフ率多め……)

 アイ・オー・データ機器では、未発表となる4K HDR対応の55インチ液晶による「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION」のデモや、本体のみでゲーム機のプレイ動画を録画できるHDMIキャプチャーユニットのデモなどを行なっている。

近いうちに13万円前後で発売予定という55インチの4K HDR対応液晶「LCD-M4K551XDB」。PC版「FINAL FANTASY XV」のデモを実施している
手軽にゲームプレイ動画の録画・配信が行なえるキャプチャーユニットデモ。PS4のゲームのプレイ動画録画を試せるので、配信に興味のある人は要チェックPCに接続するHDMIキャプチャーの新製品「GV-USB3/HD」を展示。ウェブカメラから取り込んだ映像を合成する「ピクチャーインピクチャー」機能を搭載する
初披露となる144Hz駆動対応の液晶「LCD-GC241HXB」。144Hz駆動は湾曲液晶が多いなか、珍しい平面パネルを採用する。ここでは「OVERWATCH」を試遊できる
「ストリートファイターV」や「GUILTY GEAR XrdRev 2」などのプレイに、プロ実況者のコイチさん(左)やかげっちさん(右)が実況を付けてくれるイベントを開催「ストリートファイターV」でのイベント時は、プロゲーマーのEITZさんや、かずのこさんとの対戦が可能だ

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中