このページの本文へ

電源タップは机の上、これ最高

2017年07月18日 18時00分更新

文● コジマ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 編集部にいると電源タップについていろいろと思うことがあります。具体的に言うと「コードがごちゃごちゃしすぎではないか」と考えてしまう。何しろ電化製品が多すぎる。タコ足配線のことを“スパゲッティー”といったりしますが、アスキーはさながら行列のできるパスタ店状態です。

 しかしながら、現代ではどうしてもコンセントを差す場所が必要になる。テレビ、パソコン、家電、スマホ/タブレット/携帯ゲーム機。これらをフル稼働させて我々は快適に暮らしているわけで、電源タップはどうしても必需品。でもコードが絡まるのはいやだな。待機電力も気になるからオン/オフもこまめにしたいんだけど、その都度机の下に手を伸ばすのもどうかしら。

 「こんなの電源タップじゃないわ、コードが絡まったカヌーよ!」とお嘆きのあなたに「だったら(テーブルに)置けばいいだろ!」と主張する、テーブルタップ「BOXTAP(ボックスタップ)」6480円、8月上旬発売、予約受付中)はいかがでしょう。アスキーストアでとても売れています。

BOXTAP

 主電源スイッチ、各コンセントの個別ON/OFFスイッチ、そして現代社会のマストアイテム・USB充電ポートをそなえたテーブルタップです。本体には主電源コードとプラグ差込口5ヵ所、コードを収納できる空間が確保されています。一番左の差込口はスペースが広くなっており、大きいアダプターにも対応。

USB充電ポートもそなえます
後ろからカパッと開けるとこんな感じになっています。大きめのACアダプターなどは一番左に差し込みましょう
カバーをはめるとこのような感じ。熱がこもりにくいデザイン

 普通の電源タップは差し込み口の付近にスイッチがあるわけですが、BOXTAPは本体の背面に差し込み口があり、スイッチは前面に配置。オンにすると赤く光り、使用箇所がひと目でわかります。使わない時にはスイッチオフで待機電力をカットしやすいですね。スイッチにはアイコンステッカーを貼ると、機材の種類が一目瞭然です。

使用例その1。何かと配線が多い(編集部でよく見る)パソコン回りをすっきり
使用例その2。意外と見た目が気になる机の下もこの通り。足をひっかける心配もなし

 フタを閉めた時に熱がこもりにくいよう、通気性にも気を使ったデザインです。シンプルな配色なので、テーブルに置いても違和感がありません。主電源のコード長はおよそ1.8m。本体サイズは幅300×奥行き170×高さ88mm、重量はおよそ1.5kg。

机の上にあっても違和感ないデザイン
横置き/縦置きも可能

 電源コードをスッキリまとめるだけでなく、オン/オフも容易にして、なおかつUSBの充電までできてしまうという、なかなかスグレモノのアイテムです。ぜひチェックしてみてください。

「BOXTAP(ボックスタップ)」をアスキーストアで購入する

カテゴリートップへ

お買い得情報