このページの本文へ

お前が熱いヤツかどうか、サーモグラフィーで調べてやるよ

2017年09月02日 12時00分更新

文● モーダル小嶋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「冷たいやつだ」とか、「熱くなるなよ」とか、言われたりします。しかしながら、本当にそうなのか、傍目にはわからないものですよね。数字で示してくれないとわからないです。「37度だ、こりゃ熱いな」という具合に。それは風邪ではないか、という話はおいといて。

 そこでスマホやタブレットを赤外線カメラに変える「FLIR ONE PRO」です。

 Lightning接続とUSB type-Cの2モデルがあり、iPhoneやiPad、Android端末に装着することで、肉眼では見えない熱の視点から世界を見られるのです。アウトドアやDIYにはもちろん、変わった写真を撮るアイテムとしても使えます。

見ての通り、スマホ/タブレットの下部に接続して使用します
ひとつは普通のカメラで、もうひとつが赤外線カメラ
電源ボタンと充電用のUSB type-C端子は下部にあります
ダイヤルが付いていて端子部分の長さを調節できます
スマホがケースを付けていても取り付けやすいのがメリット

 本体を見ると正面にはカメラがふたつ。ひとつは普通のカメラで、もうひとつが赤外線カメラ。これにより、対象物が認識しやすくなっているのが特徴。マイナス20度〜120度の範囲内で、任意の場所の温度を測定できます。

 撮影には専用のアプリを使います。写真だけではなく、ビデオ、タイムラプスを撮影できます。基本的にはiOS標準のカメラアプリのように使えます。タイマー撮影やライトはもちろん、スポットで温度表示したりすることも可能。

編集部もこんな感じに。人とパソコンが熱いですね
ポットって熱いです
配管の熱いところをチェックするのにも役立ちます
スポットした場所のおおよその温度を示すことも可能

 ソーラーパネルや配管などの点検はもちろん、室内の温度分布を見てサーキュレーターの設置場所を探ったりできます。動物を探したり、暗い夜道で安全を確認したり、という使い方もできそうですね。

 自作PC派なら、ファンによってパソコンが冷えているかどうかとか、うまく排気ができているかどうかなどの調査にも使えるはず。

 ポーチ型のキャリングケースが付属します。端子がむき出しなので、どうしても裸では持ち歩きにくいため、うれしい配慮です。

ポーチ型のケースが付きます
端子がむき出しなのでこのようにしまえるのはいいですね

 本体サイズはおよそ幅68×高さ34x奥行き14mm、重量はおよそ36.5gとコンパクト。価格は5万1732円。ぜひチェックしてみてください。

アスキーストアならクーポンコードで500円引き!
602780
(使用期限は2017年9月13日午前10時まで)
クーポンの使い方はコチラ

「FLIR ONE PRO」をアスキーストアで購入

カテゴリートップへ

お買い得情報