このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

マリオカートアーケードグランプリVRと極限度胸試しハネチャリを体験!

マリオカートにエヴァに悟空に攻殻、VR ZONE SHINJUKUへのワクワクがヤバイ!

2017年06月13日 20時00分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
VR ZONE SHINJUKUプロジェクトに関する記者発表会が開催

 百聞は一見に如かず。7月14日に新宿・歌舞伎町にオープン予定の、VRなどの最先端技術を活用した「VR ZONE SHINJUKU」は、まさにこのことわざがふさわしいエンターテインメント施設だ。


 バンダイナムコエンターテインメントは6月13日、VR ZONE SHINJUKUプロジェクトに関する記者発表会を開催。施設内で体験できるアクティビティーなどの詳細を発表した。

バンダイナムコエンターテインメントのコンテンツ力、開発力、人気IPを集結

バンダイナムコエンターテインメント 常務取締役の浅沼 誠氏が登壇

 記者発表会では、バンダイナムコエンターテインメント 常務取締役の浅沼 誠氏が登壇。浅沼氏は「以前お台場にオープンした『VR ZONE Project i Can』は、非常に好評で多くの皆さんに楽しんでいただけました。今回オープンするVR ZONE SHINJUKUでは、我々のコンテンツ力、体感型インターフェースの開発力、人気のIPが混然一体となった、世界中のだれも真似できない夢のような体験を提供できると考えています」と挨拶した。

コンテンツ力、体感型インターフェースの開発力、人気のIPが混然一体になった施設だという

フラッグシップ店舗のVR ZONE SHINJUKUは延べ床面積1100坪!
今後は国内外に「VR ZONE Portal」を展開

AM事業部 事業部長の堀内 美康氏が登壇

 続いて、AM事業部 事業部長の堀内 美康氏が登壇し、今後の事業展開について説明した。VR ZONEは、VR ZONE SHINJUKUをフラッグシップ店舗とし、国内外にも「VR ZONE Portalとして店舗を展開。2017年夏に、海外1号店の「VR ZONE Portal LONDON」、2017年秋に「VR ZONE Portal KOBE」がオープン予定だ。

国内外に「VR ZONE Portalとして店舗を展開2017年夏に、海外1号店の「VR ZONE Portal LONDON」、2017年秋に「VR ZONE Portal KOBE」がオープン

 VR ZONE SHINJUKUは、新宿・歌舞伎町のミラノ座跡地にオープンする延べ床面積1100坪という巨大な施設で、営業期間は2017年7月14日から2019年3月末までを予定しており、動員は100万人を目指す。

動員100万人を目指す

エヴァンゲリオンに続きドラゴンボールにマリオカートなど
人気IPのアクティビティーが多数発表

コヤ所長とタミヤ室長が登壇

 記者発表会では、コヤ所長ことProject i Can エグゼクティブプロデューサーの小山 順一朗氏と、タミヤ室長ことProject i Can マネージャーの田宮 幸春氏が登壇。VR ZONE SHINJUKUに設置予定のアクティビティーについて説明した。詳細は以下の通り。

しっかり構えないとまっすぐ飛ばない!? VR技術・装置でかめはめ波のすごさを全身で体感できる「ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波」

ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波

 「ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波」は、VR技術・装置により、ドラゴンボールに登場する「かめはめ波」のすごさを体感できるVRアクティビティー。かめはめ波の態勢に入ると、周りの小石が浮いたり手が振動したりと、本当にかめはめ波を撃つ感覚が味わえる。最大4人での対戦形式となる。なお、しっかりとかめはめ波を撃つポージングで撃たないとまっすぐ飛んでいかないという。

 かめはめ波は最大までためると直径約4mまでになり、撃つと地面がえぐれたりと細部にまでこだわっている。さらに、施設内で「VR仙豆」を購入すれば、使用して回復することも可能だ。

ドラゴンボールVR 秘伝かめはめ波の筐体イメージ

アイテムをつかんで投げる! アーケード版マリオカートをVRで再現
「マリオカート アーケードグランプリ VR」

マリオカート アーケードグランプリ VR

 マリオカート アーケードグランプリ VRは、アーケード版の「マリオカート アーケード グランプリ」をVRで楽しめるアクティビティー。手に「VIVE TRACKER」を装着し、空中に浮いている風船にぶら下がっているアイテムに触れれば入手して使用できる。アイテムは投げられるミドリこうら やバナナの皮のほか、ほかのプレーヤーを叩いて攻撃するハンマーなどがある。

 コースには巨大なパックンフラワーやドッスンなどの障害キャラクターが多数登場するほか、カイトを使って空中を滑空するなどマリオカートならではの仕掛けが盛だくさんとのことだ。

マリオカート アーケードグランプリ VRの筐体イメージ

ただの釣りゲームではない! サカナがヒットしたときの微細な振動を再現した「釣りVR GIJIESTA」

釣りVR GIJIESTA

 釣りVR GIJIESTAは、大自然の中でルアーフィッシングを体験できるVRアクティビティー。リール部分に特殊なデバイスを採用しており、サカナがヒットしたときの微細な振動を再現しているという。また、釣り上げるには最後にタモに入れる必要があり、中にはタモに入りきれないくらい巨大なサカナもいるという。

釣りVR GIJIESTAの筐体イメージ

実際に空を飛んでいるような感覚が味わえる
「極限度胸試し ハネチャリ」

極限度胸試し ハネチャリ

 「極限度胸試し ハネチャリ」は、足こぎグライダー「ハネチャリ」に乗り込み、大自然の中を自由に飛行するスリルと爽快感が体験可能なVRアクティビティー。専用体感マシンにより、本当に風を感じながら空を飛んでいる臨場感を全身で体感できるという。飛んでいると、強風にあおられたり、山肌ギリギリを低空飛行したりと、スリル満点のコースをうまく飛ぶ必要がある。

極限度胸試し ハネチャリの筐体イメージ

恐竜が棲息する禁断のジャングルを探検、次々と聞こえる仲間たちの悲鳴「恐竜サバイバル体験 絶望ジャングル」

恐竜サバイバル体験 絶望ジャングル

 「恐竜サバイバル体験 絶望ジャングル」は、恐竜が棲息するという禁断のジャングルをサバイバルするVRアクティビティー。ジャングルに飛行機が墜落してしまい、プレーヤーはスタンディング・スクーターに乗って生存者の確認をするため、漆黒の暗闇でバッテリー残りわずかの懐中灯をたよりに探検することになる。どこからともなく忍び寄る影、次々と聞こえる仲間たちの悲鳴など、恐ろしいこと満載だという。

恐竜サバイバル体験 絶望ジャングルの筐体イメージ

攻殻機動隊の世界観で動き回って戦える
「近未来制圧戦アリーナ 攻殻機動隊ARISE Stealth Hounds」

近未来制圧戦アリーナ 攻殻機動隊ARISE Stealth Hounds

 「近未来制圧戦アリーナ 攻殻機動隊ARISE Stealth Hounds」は、VIVEとMSIのバックパック型パソコンを装着し、VR空間を自由に動き回りながら戦闘するフィールドVRアクティビティー。プレーヤーは、草薙素子が招集した特殊部隊のルーキーとして、テロリスト集団の制圧に参加することになる。

VR空間を自由に動き回りながら戦闘するフィールドVRアクティビティー

 20×12mの専用アリーナに多人数全身モーションキャプチャーシステムを構築することで、最大で4対4のチームバトルが可能だという。攻殻機動隊らしく、光学迷彩や義体、電脳などのテクノロジーも体感できるとのことだ。なお、本作のみ8月に稼働開始予定。

VR以外のアクティビティーやレストランも!

 VR ZONE SHINJUKUは、VRを使用しないアクティビティーも設置予定だ。狭い牢屋に閉じ込められ、部屋いっぱいに膨らむ本物の巨大風船に押しつぶされながら、仲間と協力してミッションクリアを目指す「巨大風船爆発ルーム PANIC CUBE」、7m級のクライミングウォールと巨大スライダーにプロジェクションマッピングで大自然を再現した「バーチャルリゾートアクティビティー トップクライミング/ナイアガラドロップ」の合計3種類を用意する。

巨大風船爆発ルーム PANIC CUBE
バーチャルリゾートアクティビティー トップクライミング/ナイアガラドロップ

 また、レストランブース「Virtual Resort Cafe & Diner GLAMPER'S」もあり、パックマン風スカッシュなどメニュー開発から行なったというドリンクやフードが楽しめる。

Virtual Resort Cafe & Diner GLAMPER'S

 そのほか、以前紹介した「エヴァンゲリオンVR The 魂の座」(関連記事)や、VR ZONE Project i Can(関連記事)の中から厳選した「急滑降体感機 スキーロデオ」「ホラー実体験室 脱出病棟Ω」「極限度胸試し 高所恐怖SHOW」「VRシネマティックアトラクション アーガイルシフト」「VR-ATシミュレーター 装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎」「ガンダムVR ダイバ強襲」などのVRアクティビティーも設置する。

エヴァンゲリオンVR The 魂の座
VR ZONE Project i Canの中から厳選したVRアクティビティーもプレー可能

 利用方法は予約制で、6月16日12時より受付を開始する。また、入場料と4種類のVRアクティビティーチケットがついたセットチケット「1Day4チケットセット」を販売する。こちらの価格は4400円。なお、VRアクティビティー以外のパニックキューブ、トラップクライミング、ナイアガラドロップは、当日チケット制で価格は1000円となる。

入場料と4種類のVRアクティビティーチケットがついたセットチケット「1Day4チケットセット」を販売

 最後にタミヤ室長は「今回もテーマは『さあ、取り乱せ』です。身の危険を感じる体験を味わって取り乱せという意味もありますが、あこがれの世界に行って夢が叶う体験をして取り乱せという意味でもあります。今後も、世の中にまったく存在していない施設を目指して、日々努力していきたいです」とコメント。コヤ所長は「VR ZONE Project i Canは、どちらかというとVRが好きな人が中心で1人プレーのアクティビティーが多かったですが、VR ZONE SHINJUKUはそうでない人もみんなで気軽に楽しく遊べる空間にしたいと思っています」と挨拶し、発表会を締めくくった。

昼の外観イメージ夜の外観イメージ
VR ZONE SINJUKUの外壁や内部演出のデザインと演出は、クリエィティブ集団「NAKED」が担当

前へ 1 2 次へ

VR ZONE『装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎』でボトムズに乗ってみた!