このページの本文へ

真横を向いた顔でも、サングラスやマスクでも高い照合率

パナソニック、ディープラーニングで世界最高水準の顔照合を実現

2017年05月10日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
顔照合技術の概要

 パナソニックは5月10日、ディープラーニングの応用で世界最高水準の顔照合技術を開発したと発表した。

 これはシンガポール国立大学との共同研究によるもので、ディープラーニングと誤りを抑制する類似度計算手法を組み合わせ、人間の目でも顔の判別が困難な左右90度近い横向きや、照明の明暗が強い屋外環境、サングラスなどで顔の一部が隠れているような状態でも顔照合可能という。

本技術で認識可能な画像例

 ディープラーニングの技術としては、異なる訓練を行なった2つのニューラルネットワークの相補性を探索するなどの手法が用いられており、さらに撮影環境に合わせた類似度計算を行なっている。結果はアメリカ国立標準技術研究所のベンチマークを用い、世界最高水準の顔照合性能と実現したとしている。

 パナソニックでは、監視カメラに写った要注意人物の自動検出や公共施設の監視など、商用化して各種用途に活用するとしている。

カテゴリートップへ

開発者の生の声を聞く『熱量IoT』