このページの本文へ

インストールなしで無償で手軽にディープラーニングの設計開発

ソニー、ディープラーニング統合開発環境を無償提供開始

2017年11月10日 16時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Neural Network Console」

 ソニーは11月8日、ディープラーニングの統合開発環境「Neural Network Console」クラウドサービスをオープンベータ版として無償提供開始した。

 2017年6月にオープンソース化したディープラーニング開発用コアライブラリー「Neural Network Libraries」、8月に無償提供を開始したコンソールソフトウェア「Neural Network Console」は、いずれもWindows OSのみに対応していたが、新たにウェブブラウザーでアクセスするクラウドサービスとなった。

 Mac OSやLinux OSでも利用可能なほか、インストールなしでニューラルネットワークの設計や学習、評価などを効率的に行なえる。ソニーでは、より高速な学習の実行や複数プロジェクトの学習を同時に進行させたいユーザーのために、高速演算が可能な機能なども有償で導入する予定という。

カテゴリートップへ

開発者の生の声を聞く『熱量IoT』