このページの本文へ

顔認証関連ソリューション創出に向けたパートナー連携も強化

NEC、顔認証AIサービス「NeoFace Cloud」提供開始

2017年10月17日 17時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
顔認証関連ソリューション概念図

 NECは10月17日、顔認証AIエンジン「NeoFace」をクラウド経由で利用できる新サービス「NeoFace Cloud」を提供開始した。関連するサービスも順次提供開始する。

 NeoFace Cloudは、認証精度で世界一を誇る同社顔認証機能(API)をクラウドから提供するサービスで、さまざまな端末や機器への導入を促進するとともに、サーバー設置が難しい屋外や介護施設、短期間のイベントや工事現場などへの顔認証の活用を支援する。

 サービスは同社のクラウド基盤「NEC Cloud IaaS」上に搭載して提供する。月額料金5265円(端末1台、対象者1人あたり、税別)で、登録情報を保持したまま一時停止も可能なのでイベントや工事などの一時的な利用では費用を抑えた効率的な利用が可能。

 併せて、顔認証によるPCログオンやログオン中の利用者の常時監視を可能とするPCセキュリティソフトウェア「NeoFace Monitor」や、アプライアンスサーバーへの導入サービスなどをセットにした「NeoFace 顔認証システム導入セット」に関しても機能を追加するなど製品強化を図っている。

 NECでは、パートナー連携も強化し、NeoFace Cloudおよび関連ソリューションをソフトウェアメーカーやハードウェアメーカー、アプリケーションベンダーなどと協業して顔認証ソリューションを展開してゆく。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ