このページの本文へ

月額60円のIoTプラットフォームにより、2020年までに1500万台以上をAzureに接続

さくらインターネット、IoT事業でマイクロソフトなどと協業

2017年05月09日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「sakura.io」

 さくらインターネットは5月9日、日本マイクロソフトおよびアイティーエムとIoT事業で協業したと発表した。

 IoT市場の拡大を受けたもので、この協業によってIoTシステムの開発や接続、運用などにかかる労力や費用を引き下げるソリューションを提供する。さくらインターネットはIoT向けプラットフォーム「sakura.io」と接続モジュール「さくらの通信モジュール」を展開しており、通信モジュール1台に付き月額利用料金60円という低価格で接続サービスを提供。

 日本マイクロソフトはsakura.ioとMicrosoft Azureの双方向通信を実現する「Microsoft Azure IoT Hub」を提供し、両社共同で接続検証を重ねたという。また、アイティーエムはAzureの導入支援や運用監視サービス、セキュリティ診断サービスを提供し、利用者は運用業務の負担軽減を図ることができる(2017年7月から提供開始)。

 3社では、この協業により2020年までに1500万台以上のIoTデバイスをAzureに接続することを目指しているという。

カテゴリートップへ

開発者の生の声を聞く『熱量IoT』