このページの本文へ

CES 2017レポート第12回

次世代CPU「RYZEN」対応マザーをAMDのパーティー「Club AMD」で目撃

2017年01月09日 15時00分更新

文● イトー / Tamotsu Ito

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDがCES2017期間中に開催したイベント「Club AMD」。発表したばかりの次世代プロセッサ「RYZEN」(ライゼン)を全面的に押し出したイベントで、対応マザーボードなどを多数展示。また競合機種であるインテルのBroadwell搭載PCと比較して、動画エンコードの速度比較やPCゲームの実行フレームレート比較なども見せていた。

 ここではマザーボードを中心に写真で紹介していこう。

MSI

 全面がホワイトで飾られた基板面が目を引くゲーミングマザーボード「MSI X370 XPOWER GAMING TITANIUM」。AMDのハイエンド「X370」チップセット採用。NVIDIAの2Way SLIと、AMDの3Way CrossFireをサポート。DDR4スロット×4は最大2667MHzのオーバークロック動作に対応する。
エントリーレンジのゲーミング向けマザー「B350M MORTAR」。MicroATX仕様のB350チップセット採用。
ATX仕様の「B350 TOMAHAWK」。

ギガバイト

ゲーミング向けマザー「Aorus GA-AX370-Gaming K5」。チップセットはX370を採用。
「Aorus GA-AX370-Gaming 5」。イーサネットコントローラー「Killer Ethernet E2500」を採用する。AMD CrossFireとNVIDIA SLIに対応。
MicroATXマザー「GA-A320M-HD2」。チップセットはA320を採用している。
「GA-AB350-Gaming 3」。チップセットはプレミアムセグメント向けのB350を採用。

ASRock

左から、「A320M Pro4」、「X370 Taichi」、基板面にFATAL1TYの名を冠した「AB350 Gaming K4」、「X370 PROF GAMING」。

そのほか

左からメーカー不明のマザーボード、MaxsunのB350チップセット採用「MS-B350FX Gaming PRO」、BIOSTARのX370チップセット採用ATXマザー「X370GT7」、BIOSTARの「B350 GT5」、BIOSTARの「B350 GT3」。

パートナーのハイパワーデスクトップも複数展示

 パートナーによるハイパワーなゲーミングPCも複数展示していた。そのなかから、気になるハードをいくつかピックアップしてみよう。

IBUYPOWERのマシン。血管のような赤い水冷チューブが目を引く。フェイスプレート下部には発光するRYZENロゴがある。スペックシートによれば、マザーボードは「ASUS Arica AM4」、32GB DDR4メモリー、240GB SSD。ケースは「iBUYPOWER Element」。電源は1000W。
CYBERTRONのマシン。丸見えの水冷タンクと真っ赤なLED照明が印象的。マザーはiBUYPOWERと同じく「ASUS Arica AM4」、32GB DDR4メモリー、NVMe 256GB、HDD4TB。ケースは「InWin 909」。電源は1000W。
COMPLETTのマシン。よく冷えそうな全面3基ファン、内部パーツは他に比べるとシンプルに見える。水冷機構は「Corsair Hydro H110i」、マザーは同じく「ASUS Arica AM4」、32GB DDR4メモリー、NVMe 512GB。ケースは「Corsair 460X with RGB fans」。

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART