このページの本文へ

CD以上の情報量を持つハイレゾの音源データにも対応

6500円の新開発ドライバー搭載ハイレゾイヤフォン

2017年01月06日 16時43分更新

文● 橋本

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ラディウスは1月6日、新開発の小型ダイナミックドライバーを搭載したハイレゾ対応イヤフォンを発表した。1月13日から販売する。店頭予想価格は6500円。

 8.6mmのドライバーは広帯域再生を実現した独自振動板を採用。高感度でハイレゾ音源を豊かに再生するという。ハウジングはアルマイト処理を施した高剛性のアルミ素材を使用している。不要な振動を抑制し、明るく澄んだ中高域の実現をうたう。

 また、ディープマウントイヤーピースは、安定した装着感と低音再生を実現し、周囲への音漏れも軽減している。

最大入力は100mW。ケーブルの長さはおよそ120cm。重量はおよそ11g(ケーブル含む)。カラーはブラック、レッド、ブルーを用意。イヤーピース(XS、S、M、L)が各1セットが付属する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART