このページの本文へ

ハイレゾ対応モデルと高性能ノーマルモデル

エレコム、重低音に注力したイヤフォン2モデル発売

2017年01月10日 18時13分更新

文● 橋本

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
EHP-GB1000 ブラックEHP-GB1000 ホワイト

 エレコムは1月10日、ハイレゾ対応モデルと高性能ノーマルモデルのイヤフォン「EHP-GB1000シリーズ」「EHP-GB100シリーズ」を発表した。1月中旬より発売する。価格はオープンプライス。

 EHP-GB1000シリーズは、ハイレゾ音源対応モデル。PEEK+TPU+PEEKの三層構造の複合振動板を採用し、12mmのダイナミック型シングルドライバーで、迫力のある重低音を実現。さらに、高磁力ネオジムマグネットにより、キレの良い低域を再現するという。

 EHP-GB100シリーズは、φ10mmの外磁型ダイナミックドライバー「ELECOM Torus External Magnet Driver(イーテムドライバー)」を搭載。さらに、外磁型磁気回路による大型ネオジムマグネットを採用するほか、WFCペーパーとPUの複合振動板を搭載することで、ダイナミックでキレの良い低音を再生できるという。

 EHP-GB1000シリーズのコードの長さは1.2m。カラーはホワイト、ブラックを用意。イヤーキャップ(XS/S/M/L)、コードキーパー、ケースが付属する。

 EHP-GB100シリーズのコードの長さも1.2m。カラーはレッド、ブラックを用意。付属品は共通だがこちらはケースの代わりにポーチが付属する。

 両シリーズともにリモコンマイクを搭載したモデルも同時発売する。またリモコンマイク非対応のEHP-GB100シリーズにはゴールドも用意されている。

EHP-GB100 ブラックEHP-GB100 ゴールドEHP-GB100 レッド

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース