このページの本文へ

ワイヤレスでハイレゾ相当の音、LDAC対応ネックバンド型イヤフォン

2017年07月28日 16時05分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ラディウスは7月28日、LDAC対応ネックバンド型Bluetoothイヤフォン「HP-BTL01K(ブラック)」を発表した。価格は2万1578円で、8月7日から発売。

 ハイレゾ相当の高音質が楽しめるソニー独自技術「LDAC」に対応しているBluetoothイヤフォン。SBCと比べおよそ3倍のデータ送信が可能で、再生機器と受信機間でハイレゾ相当の高音質、高ビットレートな音源のやり取りができるという。

 また、重低音の再生に優れた、独自の高感度小型ドライバーユニットを搭載。ワイヤレスとは思えない程の力強い音楽再生の実現をうたう。

操作部には音量ボタンも搭載

 そのほか、充電中もBluetoothで音楽再生が可能で、有線接続時はハイレゾ音源の再生ができる。

 スペックは以下のとおり。

HP-BTL01K
ドライバーΦ8.6mm、ダイナミック型
出力音圧レベル105±3dB(126mV/1kHz)
再生周波数帯域20~40000Hz
インピーダンス16Ω
対応BluetoothプロファイルA2DP、AVRCP、HFP、HSP
対応コーデックLDAC、AAC、SBC
充電時間およそ2.5時間
電池持続時間連続再生時間:最大およそ7時間、連続待ち受け:最大およそ180時間
付属品イヤーピース(XS、S、M、L)、microUSB to USB Type A 2.0ケーブル(充電用)、専用イヤフォンケーブル(3.5mm Plug to microUSB)、ケース

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今週末に迫ったジサトラ出張in福島の直前SP

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART