このページの本文へ

長年培った技術で新しい音楽体験を提案

オンキヨー、オーディオ特化スマホなど3製品をCESで参考出品

2017年01月06日 19時00分更新

文● 橋本

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 オンキヨーは1月6日、米ラスベガスで開催中のCES 2017にて、音楽の新たな楽しみ方を提案する新製品を参考出品することを発表した。

 出品するのは3製品。デジタルオーディオプレーヤーの開発で培った回路設計やアンプ設計技術を活かした「ハイレゾスマートフォン」はハイレゾはもちろん、ストリーミング音源も高音質化するという。またFLAC、WAV、DSD、MQA再生に対応する。そのほかスペックは5型ディスプレー、1600万画素リアカメラ、800万画素フロントカメラ、ストレージは最大384GBで、デュアルSIMスロットを搭載。

 「ハイレゾ対応小型高音質デジタルオーディオプレーヤー」は2基のDACによるバランス駆動で、最大416GBのストレージを内蔵し、Bluetooth/Wi-Fi接続に対応、2.4型タッチパネル液晶のデバイスだ。音質やストレージの容量に満足できないユーザーに、すべての音楽ソースを手軽に高音質を楽しんでもらうモデルをうたう。

 スマートスピーカー「VC-FLX1」は、アマゾンの音声サービス「Alexa」で音声操作による音楽再生などができる。オンキヨー製のスピーカーユニットを搭載し、高音質を実現するという。またウェブカメラや温度/湿度センサー内蔵で、遠隔の室内状況を確認可能だ。

ハイレゾスマートフォンハイレゾ対応小型高音質デジタルオーディオプレーヤースマートスピーカー「VC-FLX1」

 同社グループは長年培ったオーディオ技術とデジタル技術を融合させた、新しい音楽の楽しみ方を提供する製品やサービスを開発し、音楽サービスと連携したエコシステムの構築と、新しい音楽体験を提案していく意向を示している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART