このページの本文へ

ENERMAX「ETS-T50A-BVT」、「ETS-T50A-WVS」

白色モデルもあるENERMAX製の新型CPUクーラー

2016年12月23日 23時29分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ENERMAX製の新型サイドフローCPUクーラー「ETS-T50AXE」シリーズの販売が始まった。ラインナップはブラック「ETS-T50A-BVT」とホワイト「ETS-T50A-WVS」の2モデルだ。

ENERMAX製の新型サイドフローCPUクーラー「ETS-T50AXE」シリーズ

 ホワイトカラーのCPUクーラーとして話題となった「ETS-T40」シリーズの後継モデル「ETS-T50AXE」シリーズが発売された。酸化を抑え熱伝導性能が向上するとうたうGen.2 TCC(Thermal Conductive Coating)をヒートパイプやアルミニウムフィンに採用。フラップ形状の独自フィンは外側の空気をヒートシンクに取り込むことで最適な気流を作り出すという。

ラインナップはブラック「ETS-T50A-BVT」とホワイト「ETS-T50A-WVS」の2モデル。特にホワイトのCPUクーラーは珍しい

 背面側には排気の流れを調整することができるAir Guide機構を装備。搭載する120mmファン(回転数800~1800rpm/風圧0.38~1.93mmH2O/風量27.69~62.32CFM/騒音値18.9~25dBA)は、PC起動時に10秒間ファンを逆回転させることで、ファンにホコリを溜まりにくくするDFR(Dust Free Rotation)テクノロジーをサポートしている。また、直径6mm×5本の銅製ヒートパイプは素早く熱を伝達するダイレクトタッチ式を採用している。

背面側には排気の流れを調整することができるAir Guide機構を装備。ヒートパイプは素早く熱を伝達するダイレクトタッチ式だ

 Circular Type LEDを備えたファンは消灯を含む計5つのライティングモードの切り替えに対応。ブラックモデルは、各ライティングモードで3つのライティングエフェクトの自動切り替えができる。本体サイズは111.9(W)×138.7(D)×160(H)mm、重量860g。対応CPUは、LGA 2011v3/2011/1366/115x/775、Socket AM2/AM2+/AM3/AM3+/FM1/FM2/FM2+。

 価格は6980円(税抜)。パソコンショップアークやドスパラ パーツ館、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

壊れたらごめん、Core i3-7350Kを公開OC

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中