このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

プリンストンが販売する高機能ストレージ「Drobo」を活用しよう

2017年はDroboのあるPC生活を!

2016年12月28日 11時00分更新

文● 飯岡真志、編集 ●金子/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 前回の記事では、発売されたばかりの新エントリーモデルDrobo 5Cを紹介した。Drobo 5Cは代理店であるプリンストンでの直販価格が5万9800円(税込、以下同)、記事執筆時のアマゾン価格が約5万4000円と、Droboのラインナップ中ではグッとお得感のある価格設定ながら、上位機種同様の「手間をかけずにデータを保護」ができる。

 2回目となる今回は年末に公開ということもあるので、来年2017年のあるべきPCライフにDrobo 5Cがぴったりとマッチすることを紹介していこうと思う。「冬ボーナスも出たし、外付けのストレージが欲しいんだけど、何を買えばいいんだろう?」とお考えの皆様は、ぜひご一読を!

薄いPCはカッコイイんだけどストレージが

 ASCII.jpをご覧になっている方々には言わずもがなであるが、昨今のPC業界ではノートPCが主流であり、しかもスタイリッシュな薄型のモデルに人気がある。例えば、主にWeb系のエンジニアを対象にしたイベントに行ってみると、参加者はほぼほぼMacBook(Air/Pro)持ちだったりする。

 Windowsを搭載したノートPCでも、薄型のモデルが増えてきている。薄型のノートはスタイリッシュで持っていて嬉しくなるし、比較的軽いので持ち運びしやすいというメリットもある。だが、HDDを搭載できるスペースはないので、たいていはNVMe接続などのSSDが搭載されており、容量はあまり多くない。大容量データの保存先として欲しくなるのが、外付けストレージとなる。

Web系エンジニアに大人気のMacBook Pro。薄くてスタイリッシュだが、ストレージ容量が、、、

 WindowsにしろMacにしろ、今時の基準で外付けストレージを選ぶとしたら、とりあえずインターフェイスはUSB 3.0(Macの場合はThunderboltもありえる)だろう。そのように限定したとしても、まだまだ非常に多くの選択肢がある。

 安いものなら、1万円前後で2.5または3.5インチのHDDを1台搭載した製品があるし、より高価な製品だと複数のHDDを搭載できるものも選べる。1台のHDDを搭載した製品は相対的に安価で手軽に使えるが、一方で内蔵しているHDDが故障した場合は記録しているデータは失われるため、別途何らかの手段でデータのバックアップをとる必要がある。

 また2台のHDDを搭載している機器ならば、両方のHDDに同じデータを二重化して記録することで、HDDのいずれかが故障してもデータは保持されるようにできる。このようにストレージ機器は価格のレンジが広く、それに対応するように機能・性能のレンジも広くなっている。

 そんな中でDrobo 5Cは「ケースのみ」で5万円以上の値札がついており、実際に使用するためには、最小構成でもさらに3.5インチのHDDが2台必要となる。「ちょっと高いんじゃね?」と思うかもしれない。だがDrobo 5Cによって実現できることと、それがユーザーにとってとても有用であることを考えたら、むしろお買い得と言っても良い。この記事は、そう思ってもらうためのものだ。

 そこで2017年のPCライフで、薄型のイカしたノートPCと組み合わせる外付けストレージに求められるスペックを考えてみよう。それが以下の3点だ。

  1. 誰でも簡単に使える
  2. データをきちんと保護してくれる
  3. 長く使える

誰でも簡単に使える

ディスクアレイで使われるRAIDの仕組み。一般的に使われる、RAID 0、RAID 1、RAID 5を解説

 ストレージにデータ保護機能を持たせるためには、よくRAID(Redundant Arrays of Independent Disks)という技術が用いられる。RAIDは前世紀から使われている歴史のある技術で、2台のHDDに同じデータを複製して記録(RAID 1、ミラーリング)したり、3台以上のHDDにデータを分散記録し、HDD 1台が故障してもデータが保全できるように記録(RAID 5)したり、用途に合わせてさまざまな種類(レベル)がある。

 ただRAID技術は古くから使われている分、現状のハードウェアやソフトウェアにマッチしていない部分も出てきている。その最たるものが、いったん構築したRAIDアレイ(複数のHDDを1つのストレージに見えるようにまとめたもの)をデータを保持したまま再構築できない点だろう。

 例えば「データが増えてきたので、今使っているRAIDアレイにHDDを1台追加する」といったことができないのだ。どうしてもそうしたければ、いったんデータをどこかに退避させておいて、アレイを再構築しなければならない。退避先を用意するのも大変だし、何TBもの大容量データの退避には相当な時間がかかってしまう。

 それ以外にも、RAIDで使用するHDDの容量を揃えておかないと、保存スペースとして使えないムダな領域ができてしまう問題点もある。何より、ユーザーはデータを安全に保存したいだけなのに、そのためにストレージ技術に関する専門知識が必要になるというのが、がっかりなポイントだ。

 

(次ページ、「DroboのBeyond RAIDなら」に続く)

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART