このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

プリンストンのデジギア道第24回

これが世界基準の頑丈さ! 堅牢性をとことん追い求めたケース

iPhone&iPadをガッチリ護るMIL規格をクリアした「UAGケース」

2014年03月25日 11時00分更新

文● 真島 颯一郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アメリカ国防総省も認める超堅牢なスマホケース

 量販店などのiPhoneケース売り場を覗くと、シリコンやプラスチック、果ては革や木材といったさまざまな材質のケースが並び、またデザイン面においてもバラエティに富んだ製品が目白押しで、魅力的なケースがよりどりみどりだ。

 とはいえ、iPhoneケースを選ぶなら、やっぱり本体をしっかりと護ってくれる“頑丈さ”を重視したい……そう考えるユーザーは多いのではないだろうか。今回はそんなユーザーに向けて、プリンストンからリリースされたURBAN ARMOR GEAR社製のiPhoen5s/5用ケースを紹介しよう。

iPhone5s/5用ケース「UAG-IPH5S」シリーズ。写真はオレンジ(UAG-IPH5S-RST)モデルだ

 URBAN ARMOR GEAR(UAG)とは、米国の南カリフォルニアで設立されたブランドで、耐衝撃機能を持った独自デザインのモバイルケースを主に開発。その製品の堅牢さはもちろんのこと、アクティブなデザインや使い勝手の良さといった面でも、全世界から高い評価を受けている。

 今回紹介する製品にも、UAG独自の耐衝撃設計が、いたるところに施されている。ケースはハードな外殻部とソフトな内部によるハイブリッドな作りで、スマホ本体を落下時などの衝撃から剛と柔の両面で守る。そして内部側に“ハニカム構造”を採用することによって、耐衝撃性の高さとケースの軽量化を両立している。

オレンジ色のハードな外殻部と黒色のゴム製の内部による、二重構造となっているノートPCがボディ強度の強化を図る際に用いられる“ハニカム構造”が、外殻部には採用されている

 その堅牢性は、アメリカ国防総省が定めた試験法規格「MIL-STD-810G, Method 516.6 Procedure IV」(MIL規格)をクリアしており、落下高さ122cm、落下方向26方向(8角、12稜、6面)といった厳しい試験に耐える強靭さなのだ。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン