このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ファッション捨てて実用性を選ぶならおススメ

最強ウェアラブル、活動量計「vivofit 2」は隙のないスペック

2016年01月19日 10時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
vivofit 2はAmazonで実売1万円前後。そうお高いものではございません

 活動量計は、どれもイマイチ。2日おきに充電が必要だったり、防水が不完全で入浴前に外す必要があったり、挙句はリストバンドから本体が外れて行方不明になったり……。

 いま活動量計は、心拍センサーが付いているものと、付いていないものに大きく分けられます。そのうち後者の製品としては、今のところダントツと思われるのが、GARMINの「vivofit 2」です。

 ボタン電池を使って持続時間は約1年で、その間、充電の手間いらず。同じボタン電池を使う製品としては、JAWBONE「UP move」が約4ヵ月、Misfit「SHINE 2」が約半年というロングライフを実現していますが、その倍以上は持つわけです。

 さらに水深50mに耐える防水性能で、お風呂に浸かろうが泳ごうが全然平気。データの同期もワイヤレスなので、電池が切れるまで着けっぱなしでオーケーというもの。

 ただ、このvivofit 2の発売は2015年5月でした。なぜいままで試さなかったのか。その理由は後述しますが、実際に使ってみるとそれはまったく気にならず、むしろさっさと買えばよかったと後悔しています。これまでの活動量計に不満のある方には、間違いなくオススメの製品と言えます。

大きさ重さはさほど気にならず

 vivofitのパッケージには、本体装着済のLサイズのリストバンド、そしてSサイズのリストバンド、PCとワイヤレス接続するためのUSB ANT+スティック、そして日本語でしっかり書かれたマニュアルが付属します。

 本体は液晶画面付き。日光の下でも表示は鮮明。真っ暗闇でも長押しでバックライトが点灯するので大丈夫。本体の操作ボタンで、その表示は、ステップ(歩数)>ゴール(目標までの歩数)>距離(一日の積算値)>消費カロリー>時刻>日付と、循環的に切り替わります。

 ちなみにvivofit 2には、別売りのANT+対応のチェストベルト型心拍センサーの接続も可能。接続した場合は表示に心拍数も加わります。

 また、操作ボタンの長押しを続けることで、スタート(アクティビティーのカウント開始)、シンク(PCやモバイルとの同期)、スリープ(睡眠モード)、ペアと動作モードが切り替わります。ちなみに睡眠状態は自動判別するので、睡眠モードへの切替は必須ではありません。

 1年以上という長いバッテリーライフは、電池が2個入っているから。ちょっとずるい気もしますが、その代わり本体は分厚く、ほかより重い25.5g。MisfitのSHINE 2は8.5gですから、3倍くらい重い。それが常用のネックになるのではないかと想像し、これまで試用を避けていたわけですが、意外と気になりません。よく考えたら、腕時計で25g台なら相当軽い部類に入るわけです。

リストバンドから本体を取り外したところ。本体は4点ネジ止め式。本体左右両端のひっかかりが長く、リストバンドが伸びても脱落しにくい構造です本体のフタを開けたところ。受け側は金属ナットでナメる心配なし。防水用の赤いシーリング材も見えます。電池はCR1632を2個使用
リストバンドは長さの調整が可能で、ノブ式のロック機構が付きますノブを回すと、こんな風にロックがかかります。ゆるゆるに装着しても外れません

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART