このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

子供向け活動量計のご褒美システムが新しい

2017年05月13日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「GARMIN vivofit jr.」は、対象年齢が3歳から10歳向けのライフログセンサーで、子供向けのこうしたデバイスはまだ珍しい。

 活動量計は大人が自己管理のために購入するものだが、子供が同じ動機から欲しがるとは思えない。だから保護者が子供に買って与え、自身のついでに子供も管理する。そうしたデザインを採っているのが、この製品のおもしろいところだ。

 センサーはリストバンド型。バンドカラーの違いで赤い「Broken Lava」、緑のカモ柄「Digi Camo」、花柄の「Real Flower」の3種類。センサー側の小さな画面には、「てくてくエンジェル」「たまごっち」のようなノリで、昆虫や絶滅した生物のキャラクターと同時に活動量が表示される。

液晶のサイズは10mm四方、64×64 ピクセル、バックライト付き。歩数やアクテイブな時間を表示する。価格は9980円

 与えられた日課に対して「ご褒美」を与える「お手伝い」機能のような、子供向けらしい機能もある。実際に子供がどう思うかはさておき、うまく使えばより良好な子供との関係を構築できるかもしれない。で、どんなデバイスなのか。

5気圧防水で電池寿命1年のタフなヤツ

 センサーの構造は、通常のライフログセンサーと同じ。加速度センサーが歩行数、睡眠状態を検知し、そのデータをBluetooth経由でスマートフォンと同期する。本体にはデータ同期用のボタンが1つある。GARMINと言えばGPSだが、保護者からもっともニーズがありそうな、子供の居場所の追跡のようなことはできない。

 本体は既発売のvivofit 3の流用のように見えるが、ベルトは子供用なので当然小さく、伸縮性はあるが長さの調整は不可。必要であればベルトはvivofit 3と互換性があるので、大人用のものと交換できる。

標準装備のバンドが対応する手首の外周は145mmまで

 もちろん防水設計だ。子供に水で遊ぶなと言っても意味がない。スペック上は5ATM。水深にして50mまで耐えられる。

 電源はボタン電池で1個で、最大1年持つとメーカーは言っている。私は同じGARMINのボタン電池式活動量計で、電池は1年持つと言われていた「vivofit 2」を1年半使っているが、まだバッテリーを交換したことがない。憶測でしかないが、これもメーカーが言っている程度に長持ちする可能性は高い。

電池はCR1632。ネジを外して交換する。防水用のパッキンが周囲を覆っている

 データはセンサー側に最大4週間分メモリーできるが、vivofit jr.をそれらしく使うには、データの同期を毎日やることになるだろう。それが保護者の仕事になる。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
ピックアップ